ナースあさみの毎日

ナースあさみの頭の中を書いています。心の中はこちらhttps://note.mu/asami300765/m/m0340e4f11c69

整理整頓、断捨離を始めたい人はまず本棚から「もう一度読む?」と言いながらやってみよう。

成功者には読書家が多い、というのは自己啓発大好きコミュニティの間でよく聞くフレーズかと思います。

 


だって、仕事や家事の合間をぬって自分のペースで新しい情報・知見を得られるのは本だけ。

 


今は電子書籍も一般的になってきて
バイスさえあればいつでもどこでも

ひっくり返って肩ひじついてても

読むことができます。
仮に何百冊持ち歩いても電子書籍なら

カバンの中が重くなることはありません。

 

 
ただやっぱり私は紙が好き。

手でページをめくる感触と

ふわっと香る紙の匂いが
私、本を読んでる・・・!!

(歌いたい人は福山雅治のsquallに合わせて)
という実感を更に高めてくれるんです。

 

 

 

元々読書好きなのもあって

気になる本はほいほい買ってしまうのですが

全部を全部、本棚にしまう訳じゃありません。

 

 

 

自分の本棚に残すべきかどうかを見極めてから しまっています。

残したい本は本棚へしまい

残さなくてもいいなという本は

すぐに売る or 譲ってしまいます。

 

 

なので、1度もあさみの本棚に収まらないまま売られてしまう本もある訳です。

 

 

最初に、成功者に読書家が多いという話をしましたが

成功者=本をたくさん所有している

という意味ではありませんよね?

 

 

それにすぐに本を手放してしまうことをもったいない、著作権がどうたらこうたらという人もいるでしょうが

私はそうは思いません。

 

 

 

なぜなら

 

 

もう一度読み返すことがないであろう本のために

私の部屋の空間の一部である本棚というスペースを埋めることの方が

もったいないと思うからです。

 

 

 

本棚ギッチギチに本をしまうのが好きな人もいるかと思いますが

私はある程度余白を入れておきたい派。

なので読まないであろう本をしまうくらいなら

余白のままにしておきたいんです。 

 

 

その余白の部分に

次に読む本が収まるかもしれない。

 

 

いつか

きっと

もしかしたら

読むかもしれない。

 

 

そんな未来の自分に期待して

今の自分の生活空間を無駄にするくらいなら 

売るなり譲るなりして

今の生活空間を保持したいんです、私は。

 

 

だから本を買ったら読んで

しまうかどうか決めて

しまう or  手放す を実践しています。

 

 

私も一時期は物凄い量の本を所有していましたが

これじゃあかんやろ、と思い

今はその1/4くらいの量に減らしました。

※コナンとonepieceだけは無理だった・・・

 

 

ちなみにこれ

友人のおうちを片付けているときの図。

f:id:asami300765:20170621151057j:image

f:id:asami300765:20170621151119j:image

 コンサルタントとして活躍する友人のおうちには
自己啓発からマーケティングブランディングに関する本がたくさん。

 

 

でも、一緒に整理整頓・片付けして半分以上は売ることになりましたよ( ´ ω ` )

 

 

合言葉は

 

「もう一度読む?」

です。

ここで感覚的にうん!って言えない本は手放しましょう。

 

 

 

本もモノの1種なので

使ってあげることが本望なはず。

本ならばたくさん読むことがそれにあたります。

 

 

 

タイトルに惹かれて買ったものの読んでいない本

流行っていたから買った本

人に薦められて買った本

プレゼントされたけど読んでいない本

 

 

とっとと手放しましょう( ´ ▽ ` )ノ

 

 

友人のおうちのお片付けと整理整頓はまたそのうち経過を報告出来れば、と目論んでいます|ω・)

 

 

ではまた。

大切な人を失ったあなたへ。現役看護師が伝える悲しみを癒す5つの方法

小林麻央さん
逝ってしまいましたね。

小林麻央さん死去 34歳 | 2017/6/23(金) 11:18 - Yahoo!ニュース

 

こういう時、ナースあさみとして何かできないのかな?って考えてみました。

臨床で多くの悲しみや死に直面する看護師たちが
自分たちを保つためにやっていることをシェアしたら
少しは報われる方がいるのでは?と思いここに残しておきます。

 

 

1.ちゃんと悲しむ

 

矛盾しているようですがまずはこれ。
長期的に考えたら最初にすべきは悲しむこと、なんです。

泣いたらみっともない、とか
恥ずかしい、とか
家族の威厳が、とかもうそんなのどうでもいい。


辛いとは思うんですが
人を失ってしまったという悲しみを味わい尽くして下さい。

泣いて、叫んで、泣いて、泣いて
嗚咽で息ができなくなるほど泣いて下さい。
泣きつかれて寝てしまってもいいんです。

と言うのも
失った直後にしっかり悲しめるかどうかでその後の引きずる重さが変わってきます。

身近な人ほど手続きやお通夜・告別式に追われてしまい
心がおいてけぼりになって直後にしっかり悲しめず
半年、1年と経ってから後悔する人もいます。

私、なんであの時泣けなかったんだろう・・・
悲しかったはずなのに、なんで(´;ω;`)??
って。

 

補足ですが、私たち医療関係者だって患者さんの死に慣れているとはいえ
悲しくてこっそり泣いちゃうこともあります。
現場で多いのは職員用トイレ、リネン庫、ロッカーあたりですかね。

目や鼻が赤くなっている看護師がいたら
こっそり泣いてきたのをマスクで隠しているのね、うんうん
と、思ってやって下さい。


なのでまずは
失った悲しみを受け止めましょう。

 

 

 

2.取引しない

 

人が死を受け入れようとする時のプロセスの中には取引という段階があります。
※詳細はキュブラー・ロスで検索してみてね。

 

ドラマチックに言うと
俺が死ねばこいつは助かるんじゃないか、とか
全財産をお賽銭としてぶっ込めばもう少し生きれるんじゃないか、とか
そういう感じ。

 

過去の後悔を何とか解消したい・・・!
という、一種の防衛本能なんだと思います。

残された側のエゴというのかな。

 

でもでも、この取引で自分を守る方法はあまりオススメしません。

患者さん、特にがんで闘病していた患者さんって
病気になってから亡くなるまで
たくさん意思決定する機会があったはずなんですね。

手術じゃなくて抗がん剤にしよう
治療を頑張ることから出来るだけ生活を安定させる方にシフトしよう

みたいに。

そうすると

あの時○○してたら今頃こうだったんじゃないか
という考え方は

無意識で過去を否定することになってしまいます。

自分が患者さんを否定することも辛いですし
自分で自分を否定することはもっと辛いですから。

 

なので、全然割り切れなくてもいいから

あの時ああしていてきっと良かったんだ、と
あの人の生き様としてこれがベターだったんだ、と
肯定的に言い換えるようにしてみて下さい。

ちょっとだけ楽になりますよ、本当に(*´∀`*)

 

 

3.しっかりしない

 

誰かを失ったあとって
しっかりしてね!って言っちゃうし
なぜだかしっかりしなくちゃ!と思う人が多い傾向にあるんですが

全然しっかりしなくていいと思います。
むしろ、しっかりするくらいならちゃんと悲しめやって思いますww

ご飯を食べたくなかったら食べなくていいし
お風呂に入る暇がなければ入らなくても大丈夫。

誰かを失っても身なりが整ってキレイな人って
芸能人くらいじゃないでしょうか・・・?

でもあれもほとんど外注ですからね。
メイクさんやスタイリストさんがやっていると思われます。


ああいう場面で自分を整っておくことって
相当の精神力がないと無理です(ヾノ・∀・`)りーむー

 

困ってたり弱ってたりしたら
必ず周りが助けてくれます。

 

そのための医療関係者であり葬儀関連の人であり
身内であり友人ですからね。

しっかりしなくて大丈夫です。
あなたが亡くなった人を支えたように
誰かがあなたを支えてくれます。

 

 

4.亡くなった人についてたくさん話そう

 

お通夜やお葬式、告別式など亡くなった後に執り行われるイベントに関して
その由来はたくさんあると思いますが

 

亡くなった人について話す場・空間を持つ

これが一番の理由なんじゃないかと思っています。

 

その人が生きてきた歴史と物語をみんなで共有する。
いいことも悪いことも
笑えることも笑えないことも
お酒がすすむことも酔いが覚めるようなことも
たくさん出てくるかと思います。

 

そういうことを誰かと話す・共有することで自分の気持ちや後悔を成仏させようとする
このプロセスが大事なんだと思うんです。

 

実際に気持ちを昇華させたり、後悔が成仏するかどうかはわかりませんが
亡くなった人のために時間と手間とお金をかけて
お見送りするということは、そういうことなんだと思っています。

 

 

5.失ったことを乗り越えなくていい

 

死を受け入れましょう、と言葉にするのは簡単ですが
実際にはこれほど難しいことはありません。

特に、テロや災害など理不尽な理由で命を奪われたら尚更。

 

一応、ケアの理論上は受け入れることが目標となっていますが
ここに到達する人、到達しようとする人なんてほぼいません。

私も亡くなった患者さんで忘れられないこと、後悔していることがたくさんあります。
8年前のことであってもつい昨日のように場面が出てくるんです。
いまだにもっとああしたら良かったんじゃないか、こうしたら楽になれたんじゃないか、という相談を先輩にしてるくらい。

 

突然ですが、私、亡くなった人って空高く浮かんでいる風船のようだと思っています。


細くてでも強い糸で自分とその人は繋がっていて
たまに手繰り寄せて風船の中身を覗き込む。

話をしたり泣いたりして
もう風船を膨らますことは出来ないんだなって実感して
また空高くところへ凧揚げするような感覚で戻してあげる。

だから、死は乗り越えるよりも引き連れるくらいがちょうどいいと思っています。

風船が多すぎて地に足がつかないのは問題かもしれないけれど
地に足をつけてしっかり今を歩んだほうが風船たちも喜ぶんじゃないか、って
勝手に思っています(・∀・)てへ

 

 

 

以上、こんなかんじかな。

少しでも誰かの役に立ったらいいなー



 

 

最後に。

生前どんな人であったとしても
患者さん一人ひとりにそれまで生きてきた歴史と物語があります。
残された人たちがどんなかたちであれ
それらを紡いで歩んでいけますように。

 

今日はひたすた真面目モード(・ω・`)
ではまた。

安いから買う、という人は永遠に心が貧相だと思うの

突然ですが、私の中で価値観や価値を考えることってかなり重要でして(・ω・`)

 

f:id:asami300765:20170516200707j:plain

 

価値を感じているものにはきちんと対価を払うべきだと思っています。
それがたとえ30円のもやしであっても。
500gで58円のおからであっても、ね。

 

だって、 今日スーパーで買い物してたら

「安くなってるから買おう」
というフレーズを3回連続で耳にしました。

必要だから買う
欲しいから買う
面白そうだから買う
ではなくて

安いから買う、というのはよろしくないなーと思います。
安いことが判断基準になってしまっていては
安いという価値観から永遠に逃れられないからです。

 

ここでちょっと例え話にお付き合い下さいね。

髪の毛ってヘアケアっていうくらいなので
手間やお金をかけている人、多いんじゃないでしょうか。

ただし、それは髪と自分とが一体になっている時だけ

床に落ちてしまった髪の毛=ゴミになります。
自分の髪の毛だからって落ちた髪までトリートメントしてたら
お心、大丈夫ですかー(・∀・)ってなりますよね??

 

 

ここで仮に全世界のハゲを救おう企画!というのがあり
自分の抜け落ちた髪の毛を役所に持っていくと
1本=1000円で引き取ってくれるとします。
※実際にはそんな企画ないからね!

そうすると、多くの人は落ちてしまった髪の毛への価値観が変わります。

ゴミからお金になるもの=価値のあるものになるんです。
すると、どうでしょう。
ヘアケアを徹底するのはもちろん
落ちてしまった髪の毛はもはやゴミではなくなり
トリートメントすべき対象へ変わるかもしれません。 

 

ここまでの髪の毛のたとえでわかることは


髪の毛ってお金になる⇒価値を感じると
髪の毛を収集しなくっちゃ⇒価値観がうまれ
髪の毛を集めて役所へ持っていく⇒それが行動を変えていく

ということです。

 

 

安いというのは価値観なので
その前の価値を感じるというステージをすっ飛ばしてしまっているんです。
ここが問題だなと思います。

 

ちなみに私は、もやしとおからはどんな値段であっても買うつもりでした。
結果、ふたつとも激安でしたが
他にも
国産和牛の肩ロース切り落とし or バラ肉切り落としも絶対買うつもりでした。
すき煮が食べたかったので。
結果これは300gで1500円くらいと安くはありませんでしたが後悔はありません(*´∀`*)
国産和牛のお肉を食べる!という価値が明確になっていたため
値段はどうでもよかったんです。

 

というわけで
安いという価値観で行動するのではなく
まず、自分はどういうものに価値を感じているのかを明確にすること

が大事だなーと考えた次第です(´ω`)

 

そのうち価値観を明確にするワークショップも企画するつもりなので
気が向いたら告知しまーす。

 

ではまた。

AKB48総選挙→結婚騒動の流れとがん患者さんの心理過程が似ていると思う件

先週末Twitterを賑わした

AKB48総選挙→結婚発表→一連の騒動についてさっきTwitterでこんなん書きました。

 

 

 

 

 

ファンの方たちを見ていると

本当にがん患者さんそっくりだなーって思います( ´・ω・` )

 

 

見返りや期待に溢れていて

それを裏切られたってかたちで発散してる。

裏切られた私可哀想アピールみたい( ´・ω・` )けっ

 

 

患者さんだとさすがに可哀想かな、とも思いますが

お金を積んでも

善行に励んでも

がんをなかったことには出来ませんからね。

取引不成立です。

 

 

私もPerfumeのファンだけどああいう風には思わない。

同性だからとか関係なく

使った額とか時間も超えて

ただただ好きってだけだもん。

好きっていう気持ちをどう表現するかはその人次第だしね。

 

 

アイドルとアーティストってカテゴライズが違うでしょ?って意見もあるだろうけど

アイドルはアイドルの顔と女性の顔と両方持ってるんだから

別に結婚くらいいいじゃんね( ´︵` )

 

 

そのうちアイドルだけど3人目妊娠しました( *´꒳`* )テヘペロ

みたいな人だって出てきそうだなあ・・・笑

 

 

ではまた。

 

あらためて自己紹介させて下さい←今更かよww

この前、友人と企画を練っているときに

f:id:asami300765:20170618020647j:image

 

 

あさみちゃん
自己紹介のブログや記事とかある?

と聞かれて即座に

ない(・∀・)と答えてしまいました。あはは

 

 

はい。
情報発信をしている者としては失格な発言ですね・・・

 

 

 

ただ、さすがにそろそろ自己紹介文くらいは書いておかないとまずいよな・・・
と思っていた頃だったので、ここらで1発書いておきたいと思います。

 

 

 

(´-`).。oO(なんかいきなり照れくさくなってきたけど頑張る。よしっ。

 

 

 

はい。

ナースあさみことたかしまあさみと申します。
今年で30歳になるアラサーど真ん中です。

 

 

 

(´-`).。oO(さすがにこれだけじゃダメだよね・・・

 

 

 

ナースあさみという安易な名前は
文字通り、ナースだから付けました(・∀・)

特に他意はなくそのままです。
もう少しひねればよかったか・・・とちょっとだけ後悔していますが
エロそうな感じがしていい!という意見も頂いているので良しとしてます(・∀・)

※私はエロくない・・・はず。

 

 

看護師の経歴としては
都内の大学病院で6年くらい勤めたあと
いろいろあって正社員を辞めしばらくニート生活を過ごし
今は都内の小さな二次救急の病院で夜勤専従ナースとして働いています。

 

 

ただ、正社員じゃありません。
というのも他にも仕事をいくつかしているからです。

 

 

もともと暮らしや健康に関することが大好き。
小さい頃の愛読書は栗原はるみと有元葉子。

暮らしのコツや豆知識を仕入れるのがなぜか楽しくて仕方がありませんでした。

丸暗記は苦手なのに、整理整頓術や掃除の時短ワザなどはテスト期間中でもないのにすぐに覚えられる不思議。
これは今でもそう(´・ω・`)

 

 

そうそう、食いしん坊なのは親譲り。

外食だとちょっとしか食べれないものを
自分で作ると好きなだけたくさん食べられる・・・(●´⌓`●)

その思いだけで料理を始めました。
たくさん失敗してきたけど、おかげで今は仕事になっています。

 

写真はほんの一部。

 f:id:asami300765:20170618230007j:image

 f:id:asami300765:20170618230025j:image

 

 

 

 

ご飯をつくること以外にも

掃除をすること
整理整頓をすること

こういう家事に関することが今は仕事になっていて
家事代行のマッチングサービスを使って働いています。

今まで訪問したお宅は累計200件以上。
一応こちらもある程度の経験がある、といっても過言ではないかと思います。

 

 

 

(´-`).。oO(うーむ。

これだとナースと家事代行サービスのあさみで終わってしまう・・・
伝えたいことはそうじゃないんだ!!

 

 

 

そうそう。大学病院時代、いわゆるヘビーな患者さんによく当たりました。
ヘビーだからと言ってみんなデブって訳じゃありませんよ?

うわっマジかよ・・・というような患者さんを担当してたんですね。

 

 

 

・住所も戸籍もない人

・がん終末期のパキスタン

・吐血を繰り返す生活保護受給者

・治療のために体重が倍になってしまいそのまま亡くなった人

・ベッドサイドに行くたびに唾を履いてくるおじさん

・メンヘラ一家の女帝

・助かるために気管切開したのに転院したら管を自分で抜いた
 いわゆる自殺パターン×2人

 

 

他にもたくさんいるんですが
こういう人たちを日々みてきて1番強く思ったことは

 

 

 

なんでみんな自分の思う通りに生きて

死んでいくことが出来ないんだろう・・・??

 

ってことでした。

 

 

もちろん、かかる病気や死に方を選ぶことは難しいんですが

 

生き方は選べますよね??

 

生き方っていうと大げさかもしれませんが
その根底にある日々の暮らしなんて
その人の人生のエッセンスが染み込んでいるまさにそのもの。

ケーキでいうスポンジ。
化粧でいう素肌みたいなもんですよ←

タバコを吸っている人はそういう暮らしだからそういう病気にかかり
のんだくれの人はそういう毎日だからああいう病気にかかるんです。

このように
日々の暮らしの積み重ねが、その人の生活であり人生です。

仕事で忙しいのか
向き合う勇気がないのか
はたまた、向き合うことを知らないのか知りませんが

自分と向き合わないまま
向き合えないまま
みんな死んでいってしまうのだろうと疑問だったんです(´・_・`)

 

 

私は幸運にも、患者さんの生活やこれからを考えるポジションにいて
(看護の世界では退院支援と呼ばれるもの)

 こういう疑問を患者さんやご家族とともに考え
ケアとして実践する機会に多く恵まれました。

 

そんな中、考えていたことが

 

 

(´-`).。oO(こういうのって患者さんだけじゃなくて
      全人類やったほうがよくね??

 

ってことでした。

 

簡単に言ってしまえば自己啓発、なのかもしれません。

 

 

けれど
実際の病気や障害と向き合うとなるとそんな甘いものじゃありません。
がんの患者さんなんて、数ヵ月後には死ぬことがわかっているのに
それでも自分らしさを探さないといけないんですよ?

 

世の中には自分らしく生きようぜ!
みたいな書籍やコンテンツはたくさんあると思いますが

じゃあ!具体的にあなたらしく生きるってどういうこと?
誰かの真似じゃないんですか?
言葉にできてますか?
実践できてますか?
それで満足できてますか?

 

 

ってことです(´・_・`)ふう

 

 

たぶん、肩書き的にはまだ世の中にないと思うのですが
こういうふうなことをトータルに支えるような存在になりたいんです、私。

 

 

私の勝手な都合で言えば

 

あさみを知ることで自分らしく生きて
そして、死んでいく人が増えたらいいな

と思っています。
これは学生の時からずっと変わりません。

 

そのための看護師という仕事であり、家事代行サービスの仕事なんです。
そのうち、コンサルタントとしても独立したい・・・!!
自分でもどんなコンテンツが揃うのかわからないけど(・∀・)

 

 

 

こんな感じですかね。
最後の方は熱くなってしまった・・・( ̄▽ ̄;)

 

 

あさみにこういうことして欲しい!
あさみにこういうこと聞きたい!!
などありましたらコメントでもDMでも頂けると小躍りして喜びます|•'-'•)و✧

 

 

ではまた。

人はみんな100%全力で仕事しなくちゃいけないの?

先日歩いてたら街中で

 

「いつも100%全力で仕事してます!!」

というセリフが聞こえてきて

おいおい・・・ヾ(・・。)

と思った次第です。

 

 

 

 

自信満々で何言っちゃってるの??

私は正直そういう人と仕事したくありませんww

 

 

常に全力なのは

ガソリンの補充くらいで充分です(・∀・)ハイオク満タ~ン

 

 

だって

 

 

ご飯の食べ過ぎだって消化管に負担を与えますし

ペットボトルだって気圧の変化に対応できるよう、わざと空気が入っているし

飛行機の座席だってオーバーブッキングだと殴られて引きずり降ろされるご時世ですし

食洗機だって満タンに入れると洗えていないところが出てくるし

 

 

 

100%でいいことなんてそんなにないんですよ( ´・ω・` )

あくまでキャパシティの範囲が100%なだけで

常にそれをキープするのはお門違いなんです。

 

 

だから、仕事で常に全力100%な人とは仕事したくないんです。

必ずどこかで無理が来たりガタがきたりしますからね。

 

 

ただ誤解しないで欲しいのは

100%全力出さないこと=手を抜くことではない、ということ。

 

 

100%の自分を知っておきながらも

わざと70~80%に加減しておくんです。

残りの20~30%が心の余裕や次のステップに必ず影響します。

 

 

 

ただ、私も患者さんの急変には全力を出しますよww

そのあとヘロヘロになりますがね。

そういうもんです(´・_・`)

 

 

なので、100%全力で仕事してる人は

ちょっと、いやかなり改めてみて下さいね。

 

 

ではまた。

リアルな知人にブログの存在がバレてきてそわそわしてます・・・

f:id:asami300765:20170612171146j:image

 

私、このブログを知り合いに一切教えていないんですが

先日知人から

「ナースあさみのブログ見てるよー」

と言われかなりヒヨっております・・・(´;ω;`)マジかよ・・・

 

 

イメージ的には上司の奥様にバレた感じです。

いつも会う人じゃないからこその

恥ずかしさももどかしさ。

なんとなくおしりがそわそわするww

 

 

前の職場の悪口たくさん書いてるし←

きっとリアルな私しか知らない人は

(´-`).。oO(リアルでは面白いこととエロいことが好きなイメージだったけど

ネットでこんなこと書いてるんだ・・・

ってかなり違和感があるだろうな

 

 

 

 

 

でも、ま、いっか(・∀・)

 

 

いずれは知られることになるだろうと思っていたから

その時が来たと思えばいいよね、うんうん。

 

 

 

 

ということで

リアルな知り合いの方は

生暖かい目であさみ&ブログを見守って頂けたら幸いです|ω・)

よろしくです。

 

 

ではまた。

※このブログ史上最短の442字でおしまい。