ナースあさみの毎日

ナースあさみの頭の中を書いています。心の中はこちらhttps://note.mu/asami300765/m/m0340e4f11c69

最近買ったコスメグッズたち

三十路が近づきつつある今更になって

むくむくと美容に興味が・・・(●´⌓`●)

 

 

ありちゃんから貰ったやーつ。

f:id:asami300765:20170226235922j:image

 

 

Kiehl'sの色つきリップ。

f:id:asami300765:20170226235904j:image

 

 

ロフトで見つけたどろあわわ。

桜シリーズ好きなのでどんな香りか楽しみ(・∀・)

f:id:asami300765:20170226235950j:image

 

 

キャンメイクのクリームチークとコンシーラー。

f:id:asami300765:20170227000008j:image 

 

 

 

ちなみに、はじめてコンシーラーなるものを買ったよ。

肌の汚いところにのせればいいのよね、きっと( ´・ω・` )

 

マッチングサービスの行く末

ちょっと考えるところがありまして

つらつらメモ代わりにブログに残しておくの巻(´・_・`)

 

 

私は今、マッチングサービスを使って家事代行の仕事をしているのだけど

だんだん必要ないかな?って思うようになってきている。

 

 

実際、SNSを通じて直接依頼がくることも珍しくないしね。

 

 

マッチングサービスはあくまでも市場の提供。

そこでどういう価値交換をするかは

個人や企業次第だと思うのです。

 

 

 

私の例で言えば

「次から直接やり取りしてもいい?」

「アプリを経由するとマージン取られるでしょ?」

と、お客さん側からマッチングサービスを利用せずに直接やり取りしませんか?と提案されることもある。

 

 

その方がお互いの

支払う金額が減り

頂く金額が増えることがわかってるから。

 

 

ただ、おそらくどこのアプリやサービスもそこで出会った方との直接のやり取りは禁じてますよん。

企業側は仲介料が欲しいから。

そのためのマッチングサービスだから。

 

 

 

でもね

でもね

私たちは

 

 

 

仲介料を払いたくないワケww

 

 

こう書くと私もお客さんもがめつい金の猛者みたいになってしまうのかしら。

 

 

ここを掘り下げると

仲介料を払いたくないのは

それに値するようなサポートがなっていないと互いに思っているからなんだよね。

 

 

 

仲介料を払っているなら

困った時は相談したいし

トラブルがあったら解決の手助けをして欲しいし

アプリの質をもっと高めて欲しい

 

と、みんな思ってるんだろうけど

実際にはそうじゃない。

 

 

私が実際にあった例を載せると

ただの暴露本みたくなってしまうので控えるけど

ぇ━(*´・д・)━????

って、思うようなことがこれまでにもたくさんありました笑

 

 

 

その点、メルカリ(フリマアプリ)は市場の作り方とその続け方がうまいなーと思います。

買う側も売る側も、あのサービスがないと不便なことがたくさんあるからね。

 

 

売上の10%をメルカリ側に引かれたとしても

その価値があるサービスだとみんな心の奥底でわかってるから

どんどん規模が大きくなってるんじゃないかな。

 

 

 

個人間だとマッチングサービスはあくまでも出会う場。

いい人に出会えたら市場は用済み。

そこでどういう関係、価値交換をしていくかは

サービスの関与するところじゃなくなってきているのでは・・・??

 

 

 

 

なーんて思ってる次第です( ´・ω・` )ふう

 

【確定申告1年生のあなたへ】マネーフォワードとfreeeを比べてみたあさみ的結論

はい、確定申告終わりました(・ω・`)

 

f:id:asami300765:20170223211207j:image

 

たいへんたいへんと聞いていましたがやっぱりたいへんでしたww

税務署のおじさんとパソコンおばさんがいなかったら
私の申告は3日間くらいかかっていたでしょう、マジで。

上の写真のステップ6までほぼおじさんが作成し
私は身分証明をしていただけ。

実際には2時間くらいで終わりましたが体感的には1日かかった感じ。
もう、終わった頃には足が棒のようで頭の中は思考停止状態。

と、とりあえずトイレ・・・
くらいしか考えられませんでした。

 

 

一応、こんな私でも確定申告に備えて去年から以下のアプリを使っていて

 

家計簿アプリ・家計簿ソフト「マネーフォワード」

 

会計ソフト freee (フリー) | 無料から使えるクラウド会計ソフト

 

それぞれに課金をして利用していましたが
結論からいえば

 

 

 

 

 

 

 

 

どちらも必要なかった\(^o^)/

 

 

きっと、使い方や人によっては文句なしのツールなんだろうけど
私には合いませんでした。

それぞれの理由を備忘録のために書いておきます。

 

 

1.マネーフォワード

 

フリーランス用というか家計簿アプリなので
こんな感じに月単位に表示できます。

 

f:id:asami300765:20170223211140p:image

 ※実際の私の家計簿です。

ここまではいいんですが
売上とか経費の計算は出来ないんです。

フリーランス用ではなくあくまで家計簿アプリなのでそりゃそうですよね。

 

例えば、カフェでお茶したとする。

コンサルティングや打ち合わせの際のお茶なのか
普通にお友達とプライベートでのお茶なのか
アプリの中で区別しにくいんです。。。

それに、写メでレシートを記録できるようにもなっているのですが
まぁバグが多い。
手入力の方が早いんじゃ・・・となってしまいます。

 

 

2.freee(フリー)

 

きっと、バリバリの個人事業主さんならピッタリなんだと思います。
あと、青色の65万控除の人ね。複式簿記の人。
自分で事務所借りてて、コンテンツやサービス、商品がたくさんあって
みたいな。

 

 

 

 

私はまだ白色申告(簡易簿記)なので

 

f:id:asami300765:20170223211147j:image

 

f:id:asami300765:20170223211223j:image

 

f:id:asami300765:20170223211152j:image

 

f:id:asami300765:20170223211231j:image

 

こういう見たことない日本語シリーズがいっぱい出てくるだけで
めげてしまいました。。。

だいたい漢字が読めない(´;ω;`)みたいな

きっと、お話にならないレベルなんだと思います、私が。
頭のいい人ならいいんだろう。

クレジットカードと同期できるのは非常によかったんですがね。

 

 

 

以上の理由じゃら、確定申告1年生の人が思う疑問である

 

これは経費にカウントしていいんだろうか?
でもどのジャンルなの?
どれくらいカウントしていいの??
保険の新旧ってなに?
源泉徴収票社会保険ってどこに書くの?
結局、還付や追加徴収はいくらなの?

こういうのを即座に解決してくれるのは税務署のおじさん

なんですよね(´・ω・`)
※きっとおばさんもいるはず。私の区ではおじさんばっかだった。

 

それにグレーゾーン問題。

これはこうするとお得だよ、とか
これは無理に申請すると後から遡られた時に追加徴収されちゃうよ、とか
そういう曖昧なところを教えてくれるのがいい・・・!!

アプリの中でも課金すればこういうのに対応してくれるんだろうけど
実際に判断するのはお役所、ですからね。

私がせっせと計算やカウントしている周りでも
こういう会話がたくさんありました。

「去年はこれで申請できたんですけど・・・」
「いや、これ脱税になっちゃうからダメ」

とか

「あなた、それも経費になるよ。証拠になるものある?」
「えぇ?家にならあります」
「じゃ、今日はダメだね。出直しておいで。」

とかね。

 

 

 

なので、確定申告のあさみ的結論は

アプリは不要。
せっせと領収書を計算して
あとはおじさんに委ねろ

と、なりましたww

 

税務署にいく手間と時間がかかるけれど
無料で相談し放題だよ?
使わない手はないと思います。

私の住んでいる区では日曜日に確定申告祭り的な感じで
相談・申請を一括で出来るようなイベントも企画されていました。

これだったら正社員をやりながら副収入がある人も大丈夫じゃない?

 

 

それにこういう計算ソフト・家計簿アプリがずっと今後も残っているか謎だしね。
それならアナログでせっせと電卓叩いてます(*´ω`*)

 

以上、あさみ的28年度確定申告のレポートでしたー

自分の作ったご飯を捨てられることから学んだこと

f:id:asami300765:20170222222722j:image

 

これは数年前のお話。

 

私には仲良しの同期がいて

自分のお弁当を作る時にはその子の分まで作っていた。

どうせ自分のお弁当のついでだし

喜んでくれると思って。

 

でも、時々その日のうちに食べてくれないことがあって

あれ??って思ってた。

人から貰ったものを忘れたの?

私のご飯、美味しくないのかな?って。

 

 

ある時、とどめを刺す出来事があった。

夏休みか何かで1週間ぶりに出勤したとき

先週渡したお弁当がまだ冷蔵庫に残っていた。

もちろん、腐ってた。

 

 

もう、その子にわからないように職場のゴミ箱にこっそりお弁当を捨てるしかないじゃない?

 

 

不思議とその子を責める気持ちはなくて

なんというか食材に対して申し訳ない気持ちだった。

腐らせるくらいならその子にあげないで

自分で食べれば良かったって。

 

 

と、同時に

「あの子にとっては私のお弁当はなんの価値もないものなんだ」ってことに気付いた。

タダほど怖いものはないというけれど

タダだからこそ

あの子にはなくてもいいものだった。

 

 

同じように家事の仕事でも

「あさみさんの料理、油っこくてほとんど食べられず捨てました。もう2度とお願いしません。」

 と、言われた事がある。

 

 

この時も悲しいとか惨めな気持ちよりも

あのお客さんにとって私のご飯はなんの価値もなかったんだ、って思った。

もちろん材料費はお客さん持ちなので申し訳ないことをしたと思うけれど

私はお客さんやその家族が美味しく食べてくれるよう尽くしたつもりだ。

 

 

このふたつの経験から

どうせなら私の作ったご飯という価値を認めてくれるところで勝負したい

と考えるようになった。

 

やっぱり作ったものを否定されたり捨てられるのは悲しいし

気持ちも食材ももったいない。

 

 

どうせならやるなら私にお金を払ってでも

ご飯を作ってほしい

話を聞いてほしいと思ってる人たちに全力を注ぎたい。

 

 

あさみさんのセンスが好きです。

味付けが好きです。

材料をいつも使い切ってくれてありがとう。

そう言ってくれる人たちに対して仕事をしていきたいと思うし

その方が自分も幸せだと思うから。

 

 

この辺の話は市場価値とかマーケット感覚で検索するといろんなエピソードや書籍が出てくるはずなので

知りたい方はぜひ(´˘`*)

 

 

ではでは。

手術をしたら元気になるなんて、もはや神話レベル

「手術したら治るわけじゃないんですね・・・」

 

幾度となくこのセリフを聞いてきた。
そう、手術をしても【治る】わけじゃない。
患者さんの思う【治る】レベルに到達できるのは
全患者さんの数%、だと思う。

 

なぜならば手術のあと
生活の再構築を強いられるからだ。

 

消化器のがんの人は
多くが3ヶ月から半年間の通院を余儀なくされ
それから半年に1回くらいの定期的な受診が死ぬまで続く。
術後すぐに抗がん剤放射線両方が待っている人もいるだろう。

それよりも一番患者さんにとって負担なのは

食事・排泄が今までと変わること。

術前と同じものを食べてたら吐き気がする。
以前と同じような内容・量が食べられない。
すぐ下痢になる。
すぐ便秘になる。
お腹が痛くなるのが怖い。

どれも、毎日しなくちゃいけないことなのに毎回悩むことだ。

 

同じように
整形外科で手術をした人も悩みのタネは尽きない。

骨を強くする内服を続け
リハビリテーションやって
定期的な受診をする。

これらに加えて
自分の身体を思うように動かせない、というストレスと
ずっとお付き合いしなくてはならないのだ。

 

すっ転んで大腿骨頚部骨折(大きな骨の細いところがポキッ)
というのがお決まりのパターンだけど
こういう人が階段をスタスタ歩けるようになるには半年以上かかる。

まずは、玄関の段差が登れなければ退院できない。
それがクリアできても家の階段の昇降・買い物にいけないと暮らせない。
駅の階段なんてもはや夢。エスカレーターがないとダメだけど
エスカレーター・・・もうヒョイって乗れない。
ってことはエレベーター?
最寄りの駅にはエレベーターなんてないけど\(^ω^)/

 

こうやってみると
足が思うように動かせないだけで
生活範囲がグッと狭くなってしまう。

 

残念ながら今の医療体制では

がんは取ったでしょ?
骨はくっついたでしょ?

こういうレベルで退院を余儀なくされる。
患者が後を絶たずベッドをあけなくてはならないからだ。

何を食べても下痢しないレベルや
階段をスタスタ昇降できるレベルまで入院させてはくれない。

 

この生活の再構築をサポートするのが看護師。

フォーマルなサービスも頑張ってはいるけれど
全然追いついていないし、患者さんからの満足度が低いのが現状だ。

なにか一発、インフォーマルなサービスでも始めようかしら・・・
なんて思ってしまう(・ω・`)ふう

 

ではでは。

 

 

 

 

ご飯は続くよどこまでも

この間お客さんから

「あさみちゃんのご飯はアレンジしやすくて本当に助かる」

とのお言葉を頂き←嬉しい(´˘`*)

改めてご飯って毎日続いていくものなんだなー

と、実感しました。

 

 

そのお客さんからは毎回

ホワイトラタトゥイユ(ラタトゥイユのトマトなし)をオーダーされるんです。

 

トマトだとアレンジがきかないので

あえてホワイト。

 

カレーにも出来るし

オムレツの中身にも出来るし

上にチーズのっけて焼いてもいいし

スープで伸ばしてパスタにも。

 

こうやってその日だけじゃなくて

次の日もその次の日も食べられるものを

いつも考えて作っています。

 

 

暮らしは毎日続いていくから。

それはご飯も一緒。

 

 

どんどん味や品を変え

食べ切るということが尊いと思うんです。

腐らせるのはなんか悔しいし

食べ物に対して申し訳ない。

 

 

明日はなぜかまた取材\(^o^)/

喜んでくれるといいなー

 

 

 

心だって壊れても、また作り直せる

私は今、整形外科や内科混合病棟にいるので

前ほどがんの患者さんとは関わらないのだけど

最近1人だけがんの患者さんがいた。

 

f:id:asami300765:20170212104509j:image

 

その方は痛みを抱えたまま

家族の希望でがん未告知のまま

退院の運びとなった。

 

昨日の帰り際

「どうしてこんなに痛くて辛いのに退院なの?」

と聞かれて

 

 

(´-`).。oO(もうオペ不適応のがんで痛みのコントロールくらいしか病気では治療が出来ないからだよ。これからどんどん悪くなっていくから、せめて今だけでもおうちで過ごして欲しいという先生と家族の意向なのだよ・・・

 

なーんて言えるはずもなく

 

「でも、先生がOKしてるから大丈夫なんだよ。また辛くなったら戻ってきて下さいね。」

と、当たり障りのない範囲で返答した。

 

 

このがん告知問題。

 

家族の希望で最も多いのは

「本人の精神的ショックを軽減したいから最期まで告知したくない」だ。

 

でも、考えてみて欲しい。

 

 

どんどん具合が悪くなるのに

大丈夫ですよ、と言われる。

入院させてくれない。

もしかしたら、がん・・・?

でも、家族は何も言わない。

先生も何も言わない。

誰も本当のことを言ってくれない。

誰も信じられない。

 

 

つまり、がん未告知でもそれなりの精神的ショックを抱えることになってしまうのだ。

 

それなら、ちゃんと本人に伝えて

残りの時間を有意義に過ごして欲しい

と、私は思う。

 

がんと言われたら一瞬お先真っ暗になるかもしれないけど

必ず光はある。

夜が来てもまた朝が来るのと同じように。

 

どんなに弱い人でも

心はちゃんと立て直せる。

 

立て直せないと思い込んでるのは

周りの人たちだけだ。

 

 

本人の中にある希望を信じることも

またナースのケアの一つなんじゃないかと

あさみは思うのであった・・・

(なんとなく友蔵風)