ナースあさみの毎日

ナースあさみの頭の中を書いています。心の中はこちらhttps://note.mu/asami300765/m/m0340e4f11c69

あさみ的ネットワークビジネスとの付き合い方

個人で稼ぐ!

自由になりたい!

縛られないライフスタイルを送りたい!

 

 

と思い立った人は

ほとんどみんな通過しているんじゃないでしょうか( ´・ω・` )

 

 

えぇ、ネットワークビジネスです。

マルチレベルマーケティング、とも言いますよね。

世間ではマルチ商法とも言います。

 

 

SNSで発信している人の半分くらいは

このネットワークビジネスをしているんではないでしょうか。

人を集めて勧誘して

商品やサービスを流通させた分だけ

コミッションを貰う。

 

 

 

このマーケティング方法は

世間的には評判があまり宜しくなく

嫌な思いをたくさんしたり

させたりしている人が多いことも事実です。

 

 

 

 

このネットワークビジネスって

本当に悪者なんでしょうか( ´・ω・` )?

 

 

 

実は、私愛用者として使っている会社があります。

多くのネットワークビジネスがそうですが

紹介者がいないと商品やサービスが買えません。

 

 

私はこの会社を紹介された時

紹介者から

 

 

あさみちゃんが何を買おうが買わないが自由だよ。

私のためにたくさん商品買おうなんて絶対思わないでね。

もちろん、ビジネス出来たら嬉しいけどそれはあさみちゃんが決めることだからね。

いつでも辞めていい、ってことだけ忘れないで。

 

 

って言ってくれました。

※後々いろんな人から話を聞くとこういう人は滅多にいないらしい(●´⌓`●)

 

 

私は最初からきっと愛用者で終わるな・・・と思ってましたし今でもそうですが

これに関して紹介者から圧力を受けたことはありません。

もっと紹介者を出して商品を流通させなくちゃ!なんて言われたこともなく

その人とは今でもいい関係を保っています。

 

 

それに

私の家に友人が来て

私がその会社の愛用者だと知ったとしても

 

 

あさみちゃんって〇〇やってるの?

あさみちゃんんちに行くと勧誘されるよ( ・᷄・᷅ )

なーんて友人を失うようなことはなく

〇〇使ってるんだ、ふーんとか

〇〇って世間の評判悪いけどモノはいいよね

って話で盛り上がったりします。

 

 

私自身、何人か紹介者を出しましたけど

普通に

「メルカリで買ったほうが安いよ」と

よく分からないアプローチしてましたからね*\(^o^)/*

 

 

 

いわゆる、世の中で言われているような

 

ネットワークビジネスをやると友人を失う

毎月のノルマ達成がしんどい

人とのアポが仕事になって辛い

 

なんてことは1度もありません。

 

 

 

つまり、何が言いたいかというと

ネットワークビジネスやその商品自体全然悪くなくて

 

 

悪い結果を生んでしまうのは

お前のせいだ、ってことです( ´・ω・` )

 

 

 

勧誘されたりノルマ達成を強いられている時点で

紹介者からそういう目で見られてるし

そういう扱いをされるような自分、なんです。

日頃の振る舞いや言動が

そういう人脈を生み

いいカモとして苦しめられているんだと思います( ´・ω・` )

 

 

 

その紹介者をはじめ私の周りにはネットワークビジネスで成功し暮らしている人もいますが

わかりやすく言うとみんなめっちゃいい人ですよ笑

みんな自分の振る舞いや信用が

直接仕事に影響することを肌で感じてる人たちなので本当に素敵。

あ、この人みたくなりたい

この人から商品やサービスを買いたい!

と、自然に思わせてくれる感じです。

もちろん、自分のグループや紹介者をカモにするような人はいませんしね|ω・)

 

 

それでも、ネットワークビジネスに関して嫌なイメージを持つ人はたくさんいるかと思うのですが

そんな時はこう思うと少し楽になるかと思います。

 

 

あ、あの人は元カレから貰ったプレゼントを使い続ける人なんだ、って。

 

 

なんのことやら?と思うかもしれないので説明しますね。

 

 

ネットワークビジネスしかり

元カレからのプレゼントしかり

 

 

モノに罪はないんです。

 

 

ネットワークビジネスに善意や悪意を込めるのは関わる人ですし

元カレからのプレゼントだって

付き合ってた当時は貰って嬉しいものだったはず。

 

今、使うかどうかは自分で決めていいし

なんなら処分してもいい。

それでも気に入って使うなら

少しの覚悟が必要だよね、ってことです。

 

 

ちなみに、元カレからのプレゼント

私は使う派です(・∀・)てへ

 

はい、ということで

あさみの考えるネットワークビジネスとの付き合い方はこんな感じでした。

 

 

隣の席で勧誘している2人を見ながら

いろいろ考えてしまったよね( ´︵` )はあ

 

ではまた。

 

歯磨きを3年間しなかった患者さんの背景を紐解くよ

先日、この記事をみてくれた知人から

asami300765.hatenablog.com

 

3年間も歯磨きしないってどういう人なの(´・ω・`)?

と、立て続けに質問をもらったので
ここに書きおこしておきますね(*´∀`*)

 

っていっておきながら、書く前からすごいボリュームになりそうなのが目に見えているので予めいっておきますが


読む皆さん、頑張って!
私も頑張るから(`・ω・´)!!

 

************************************

 

まず、3年間も歯磨きしないって
おそらく一般の人の感覚からしたら

頭おかしいんじゃない?
っていう方面に向かうかと思うのですが

 

 

 

 

はい。それでOKですww
というのも、彼女は生まれつき軽度の知的障害がある方でした。

コミュニケーションや社会的行動に問題はありませんでしたが
斜視があったり、発語に少し癖があったりして就労することは難しく
生活保護を受けていました。

彼女は当時高校生になる息子さんと二人暮らしで
キーパーソンとなるような血縁者はいませんでした。

日本では厳密に決められているわけではありませんが
18歳以下の子どもは意思決定ができるとみなされず
親の代理判断も出来ません。

なので、彼女の命が危機に瀕した場合の連絡先は
息子さんではなく区の職員、となります。

 

 

ここで、社会的弱者である彼女にどうして子どもが?と思うかもしれませんが
こういうケースは意外と多いです。

中学校の先生をしている友人は以前


「知的障害夫婦って本当に避妊しないの!!
コンドームつけると気持ちよくないからですって。
理由がシンプル過ぎてマジなんも言えないよね、こっちは!

だから、金も場所もないくせにどんどん子ども産んじゃって大変。
そのくせ行政のサポートを受けようとしてくれないから本当に厄介で
あそこんちの子供たちの未来が本当に心配・・・」

と、言ってました(´・ω・`)

 

まぁ、知的障害があっても性機能に問題があるわけじゃありませんから
子どもを作るまでの一連のプロセスは誰でも出来ます。
それこそ、快の刺激を受けれる気持ちいいことですし。

むしろ、家事や育児よりも簡単かもしれません。
彼女の場合は歯磨きに顕著に出ていましたが
お風呂に入ることや、毎日下着を変えることにあわられる人もいます。
路上生活者の人を見ててもそう思います。
こうして、毎日しなくてもいいことがクセになっていくと
それを習慣として取り戻すにはものすごいエネルギーが必要になります。

 

それに、言葉選びが難しいところですが
知的障害があり社会的役割を遂行しにくい人たちにとって
誰かの妻になる、というのは比較的実現しやすい自己実現の方法の一つ。
生きがいややりがいを得やすいんだろうと思います。
もっと他の方法で自己実現できる環境を整えることも
行政の大事な役割なんだと思いますが難しいですね。

 

そうそう、彼女が当時40代でしたから
60~70代のご両親がいても良さそうですがお二人共亡くなられていました。

彼女のご両親のことを聞いてもイマイチ的を得た返事をもらえませんでしたが
病死したわけではなさそうです。
なので、彼女とその息子さんはそれぞれが唯一の肉親となっていました。

 

ちなみに、息子さんは健常者でしたが
いわゆる普通の高校生よりかはしっかりしている印象でした。
頭の上にいつも、頼みとするは己のみ!
という標語がいつも浮いているような。

 

 

続いて、彼女が持っていたのは知的障害だけではありませんでした。

生まれつき、心臓の部屋が一つ足りない病気も持っていたんです。
心室中隔欠損症=VSD)と呼ばれるものです。

小さい頃から入退院・手術を繰り返しており
胸の間には当時の手術の傷がいまだに残っていました。

この病気は比較的患者数のいる病気で
治療法もそこそこ確立されていますが
なんせお金がかかる(´・ω・`)

 

ここからが私の想像ですが
彼女が生まれたことでご両親の抱えた心労や経済的苦労は計り知れないと思います。
彼女のご両親が比較的早く亡くなってしまったのも
少なからずこういうことが影響しているのかもしれませんよね。
病死じゃないなら自殺か事故死、ですし。

貧困は連鎖する、とよく言われますが
貧困に陥る一番の要因は離婚でも失業でもなく、病気。
病気は収入が0になるだけでなく多額のお金がかかります。
暮らしが破綻してしまう大きな要因。
だからこそ、病気にならないようにしようマーケティングがうまくいっちゃうんですが(´・_・`)

 

話を心臓にもどしますね。

このVSDの手術をすると心臓の中の状態が大きく変わり
血流が滞るところが出てきます。
血流の滞りは、血栓という血の塊を生んでしまいます。
エコノミークラス症候群なんかでも血栓という言葉はお馴染みかしら?
これが肺や脳に飛ぶと一瞬でお陀仏になってしまうので
血が固まりにくくなるような薬を一生飲み続けなくてはならないですが

こういうプロセスが

彼女の病気の重症度を更に高めてしまうという

ワナ\(^o^)/

 

彼女は歯磨きをしなくなってしまったことにより
喉から菌が入り、それが出来上がりかけていた血栓と合体して
疣贅(ゆうぜいと読みます、菌と血栓の混合コロッケみたいなもの)が
心臓の壁の近くにできてしまい
それが血流にのって飛んだらジ・エンドという状態だったワケです。

治療法はもうひたすら抗生剤が効くのを待つしかありません。
あと、口の中の掃除ね(・∀・)これのみ

 

もう、医療者側としても手詰まり感満載でした・・・!!

 

血液を固まりにくくする薬を止めるわけにもいかず
(止めると新たに血栓ができるため)

出来上がった疣贅を取り除くような心臓カテーテルの検査はVSDの手術後のためできず
(一般的な心臓の作りではないためカテーテルでアプローチ出来ない)

本来安静が基本なのに患者さんは病院の廊下走っちゃうし
(知的障害のためちゃんと病気を理解できていないから)

歯石や汚れを取り除くためにドリルを使いますが
血液サラサラの薬を飲んでいるため当然血まみれで難航しますよね(´・_・`)

 

 

最後になりますが
こういう患者さんは実は結構いるよってハナシですww

もっとエグい事例を聞きたい人はコメント下さい。笑

この事例は日本の医療は福祉を考える上でもいい事例だなと思って取り上げました。
ちなみに、これは10年以上前の事例になりますが
社会的にも経済的にもいろんな問題が前進していると思えません(´・_・`)
むしろ悪化してる・・・?

医療の問題は家庭やお金の問題も大きく絡んできます。
いやむしろ絡んでるから病気になってしまうんですが。

 

さすがに3年間歯磨きしないのは不可能ですが
たかが生活習慣
されど生活習慣ということで
自分の毎日の習慣を振り返ってみるいい機会となったら嬉しいです。

 

さーて、私は歯磨きして寝ますよ(・∀・)

 

ではまた。

 

他人の目をうまく使って

蔦屋書店で頑張ってる人たちをみていると

いろいろと考えるところがある。

 


勉強も

化粧も

SNS

仕事も

ダイエットも

 

人に見られるためにやっている訳じゃないけど

人に見られてることで頑張れるもの。

 

在宅ワーク、特にフリーランスで淡々と仕事出来る人は

本当に自己管理がなっていると思う。

エラい。

 

1人だと

サボったり

手を抜いたり

誤魔化すことが簡単に出来てしまう。

 

だから外に出て

見られてる目があることを意識するのは

目的を遂行するための手段の一つとしてアリだよね。

 

 

私もこれをうまく使って

やりたいことをやり

叶えたいことを叶えよっと|•'-'•)و✧

 

 

ひとまず、休日のカフェはえげつないほど人がいるので

明日から頑張る←

 

ではまた。

 

病院に入院しても身の回りの世話をみてもらうために誰かを雇う時代が来るかもしれない、というおはなし。

え?看護師さんがいるじゃん、って思ったそこのあなた。
もうそんなの時代遅れですよ(´・ω・`)

 

水を飲ませる
おむつを替える
ナースコールに対応する
お風呂にいれる
ご飯を食べさせる
などなど
生活に関するケア=介護に相当するものは最悪、国家資格がなくても出来ます。

 

介護がいまいちピンと来ない方は
自分の子どもにできること、と考えてもらえると
その内容イコール介護、という認識でOKです。
自分の子どものお尻を拭くのに
いちいちアルコール消毒して手袋つけてる親なんでいませんよね?
それと同じ。

 

そのため今やほとんどの病院・施設で
生活に関するケアは介護福祉士やヘルパーさんが行っているのが現状。

 

看護師ももちろん介護に参加しますが
それよりも専門性の高い医療や処置に時間と労力を費やしたいので
ヘルパーさんでもできることは出来るだけヘルパーさんへ
という流れになっています。

※マジでヘルパーさん、さまさまです。
 ナースが早く帰れるかどうかのキーマンと行っても過言ではない。

 

今働いている私の病院では夜勤メンバーにヘルパーさんがいますからね。
ご飯や排泄、ナースコールの対応などわたしたちと一緒に対応してくれていますよ。
ヘルパーさんたちの方がむしろ、患者さんたちの1日の過ごし方をよくご存知。
中でも、ナースにしか対応できないことが相談・報告される、といった感じです。

 

一昔前までは処置もケアも介護もぜーーんぶ看護師がやっていましたが
今はそんなのムリ(ヾノ・∀・`)
ナースの労働時間が電通の残業時間を超えちゃいますww

 

高齢化の津波はとどまる事を知らずどんどん押し寄せます。
結果、医療の現場でも専門性の高くないこと=生活に関するケアは
どんどん介護や福祉の方へ流れていっている、というワケです。

 

 

ここで一つ思い出話にお付き合い下さい。

看護学生時代に世界の看護を学ぶ研修でラオスに行きました。
世界の中でも貧困層にあるラオス
その医療・看護の現場は想像を絶するものがありました。

中でも印象に残っているのがおむつの交換。
日本では医療機関や施設に入所している場合
排泄のケアは全てスタッフが行ってくれます。

たとえ家族でもあってもお見舞いの立場であれば
「家族なんだからおむつ交換して下さいね」
なんてこと絶対に言われません。

 

ただ、ラオスではそれが実際に起こっていました。
いやむしろ、家族が率先して患者さんのおむつを交換していたんです。

 

それはなぜか。

 

 

出来るだけ医療費を安く抑えたいから、です。

入院する目的は病気を治すこと。
と、なれば専門性の高いことと言えば
点滴の管理や内服の調整くらいです。

さすがに一般人が針を刺して点滴入ったぜうぇーい!なんてことは出来ないと思います。

しかし、その他の食事の準備、おむつ交換、着替え、お風呂などは
ぶっちゃけ誰でも出来ます。
介護に相当する部分ですから。


仮に、この介護にあたる部分が入院におけるオプションサービスとして加算されるシステムだった場合
皆さんならどうしますか?

 

家族の手を煩わせたくないからオプション加算しますか?
それとも、節約するために家族に介護をお願いしますか?

え?お金もないし家族もいないんだけど・・・\(^o^)/?

 

 

今、日本の入院会計は1日まるっとざっくり計算ってことで
医療をうける人は介護にあたる部分もコミコミOKだよ算定、になっています。


入院したことある人はわかると思いますが
おむつ交換費
食事お助け費
なんて項目はなく、介護にあたる部分がコミコミになっているわけです。

 

 

ただ先にも述べたように
どんどん止まらない高齢化の津波
そして、社会的・経済的格差の2極化。

 

こういうことを踏まえると
国民皆保険制度や生活保護受給というシステムそのものが
破綻する可能性だってありますよね?

 

自分でできることは自分でやって。
それ、自業自得でしょ?
そんなことに国はお金出さないよ。

と、鬼嫁も真っ青なシステムになる日だってくるかもしれません(°д°)

 

 

そんな時、お金も家族ない人はどうしたらいいのでしょう?

きっと、レベルの高くない派遣ヘルパーさんを自分で雇って
病院に来てもらうことになるんじゃないでしょうか。

 

どんなに身体が辛くてもヘルパーさんがくる時間に合わせてトイレに行き
着替えは洗濯代と人件費がかかるから週に1回。
食事は高いけれど治療食だから買わない訳にはいかず
あ、そうだ・・・今の自分の家の掃除もお願いしたいけど
そうすると更にお金かかるのか・・・
って俺男なのに男の人に下の世話受けるの嫌だよ・・・(´;ω;`)

みたいなことだって夢じゃありません。

 

 

ふう。
今回のこの内容がどこか遠い国のSF小説みたいに思えたあなたは
今、そこそこ幸せか、相当ヤバイかなんだと思います(・∀・)てへ

 

年金もそうですが
医療も生活保護
受けられて当たり前、じゃありません。
時代が変わればシステムも自ずと変わっていくものです。

 

ぬるま湯に慣れていると
熱湯に対処できませんからね。
たまには熱湯や氷水を浴びてみてもいいのでは?と思い
今回記事にしてみました(*´∀`*)

 

ではまた。

 

 

ハワイに行くなら!アメリカを感じたいなら!チーズケーキファクトリーに行け!!

先日のハワイ旅行に関するブログです(・∀・)

 

 

チーズケーキファクトリー

f:id:asami300765:20170524041035j:image

 

ご存知の方も多いと思いますが

アメリカナイズなご飯を味わえる超有名なレストラン。

満席なのが当たり前で

レストランの周りには待ってる人がいつも大勢います。

 

 

味はまあまあ美味しくて

そのボリュームと迫力

コスパの良さ

メニューの多さ

持ち帰れる←これ嬉しい!

こういう理由で人気が高いんじゃないかと思っています。

 

 

まずはメニューから。

f:id:asami300765:20170524041347j:image

 ちゃんと日本語版メニューもあります。

f:id:asami300765:20170524041812j:image

f:id:asami300765:20170524041844j:image

f:id:asami300765:20170524041903j:image

f:id:asami300765:20170524041919j:image

f:id:asami300765:20170524042006j:image

f:id:asami300765:20170524042018j:image

 

これ、メニューのほんの一部ですww

メニューの冊子、重たいですから。

見る人が多いからか広告も載ってます( ´ ω ` )

 

 

こっちは持ち帰りのチーズケーキメニュー。

f:id:asami300765:20170524042044j:image

 

メニューは英語しかないけど

札にちゃんと日本語が。

日本人に人気なんですねー

f:id:asami300765:20170524042120j:image

 

 

続いてお料理たち。

シーザーサラダ

※日本の4倍くらいある

f:id:asami300765:20170524042341j:image

 

カラマリフライ

※ビュッフェの量くらいある

f:id:asami300765:20170524042353j:image

 

チキンの揚げたやつ、トリュフハニーソース

※これだけで500gはあるだろうか

f:id:asami300765:20170524042436j:image

揚げ物だなんて知らなかった( ・᷄・᷅ )

と、後悔しても時すでに遅し。頑張るのみ。

 

 

f:id:asami300765:20170524042453j:image

 大きさが伝わるかしら・・・

 

 

私の力を持ってしても

全くもって食べきれないので(ヾノ・∀・`)

お持ち帰りすることに。

f:id:asami300765:20170524043013j:image

ちなみに、持ち帰る時は店員さんにボックス下さいと言って自分たちで詰めます。

ボックスや入れる袋はタダ。

 

 

さすがに料理の後にチーズケーキは自殺行為なので

別のタイミングでケーキを。

これはゴディバチョコレートチーズケーキ

f:id:asami300765:20170524042849j:image

重量感もさることながら

カロリーもえげつない*\(^o^)/*

 

 

こっちはローカーボチーズケーキ

f:id:asami300765:20170524043212j:image

どのへんがローカーボかわからないくらい

普通のチーズケーキでした笑

HARBSのケーキの大きさ全部がチーズケーキだと思って頂ければ幸いです。。

 

 

ホイップは言えば無料でつけてくれます。

ホイップ嫌いな人は不要かと思いますが

チーズケーキの中和剤としてこのホイップがないと

食べ切るのが辛いレベルなのでオススメです←

 

 

あと、注意して欲しいのがランチもディナーも

事前予約が出来ません。

レストランに行って受付したら席を待つ方式。

名前を告げるとポケペルみたいなものを渡されるので

(日本のフードコートにあるようなやつ)

それがブーッとなったら店内に戻って

ようやく席に案内されます。

 

 

でもまぁ、ピーク時じゃなければ15分くらいで入れるのでそんなに待たないかな?

というあさみ的主観。

先にメニューを貰って

何にするー?と迷いながら待ってるのもアリかと。

 

ランチやディナーのピーク、GWやお正月だともう少し待つかもしれませんね( ´・ω・` )しかたなす

 

ではまた。

Gカップの私がセクシーさについて語るとしたら

f:id:asami300765:20170521174441j:image

 

のっけから写真でびっくりしないで下さいね笑

写真はビクトリアシークレットの陳列。

日本にはない、どぎつい色やデザインが豊富で

男性だけじゃなく女性までも

ウホッてなる下着専門店( ´ ω ` )いいよね

 

 

ってことで、下ネタって程でもないんですが

このところセクシーさについてずっと考えてました。

 

 

きっかけは、男友達がFacebookに投稿してた

【ダンディズムについて】

 

男におけるセクシーさやダンディズムって

どうやったら身につけられるんだろうか?

というもの。

 

女性に置き換えたら

セクシーさや女らしさ、ってことなのかな。

 

先日ハワイで世界各国の水着美女を観察していまして

なんであの人はセクシーなんだろう?

なんであの人はセクシーじゃないんだろう?

セクシーとかいう以前にあの人ブスやな・・・←

などなど、思いを巡らせていて

あさみなりの考察が出ましたので

ここにご報告させて頂きます。

 

 

最初に結論から。

 

セクシーさとは

 

 

自覚して始めて漂うもの

です。

 

 

まず、逆説的に私の例を出しますね。

 

私はタイトルの通りGカップありますが

これをメリットとして捉えたことがありません。

 

世間からしたら

巨乳うらやま!!!!

みたいなことを言われるんですが

それもすごーく嫌(・∀・)てへぺろ

 

出来るならアンパンマンみたいに

元気のない人に胸をちぎってあげたいレベルです( ´・ω・` )

 

そもそも私は

子どもの頃から発育がいいタイプで

ブラをつけ始めたのも早い方でした。

でもおかげで、からかわれたり痴漢にあったり

あんまりいい思いをしてきませんでした。

 

 

大人になってからも胸がデカイというだけでエロくてバカ、みたいなイメージがつきまといます。

 

それに、胸のせいで似合わない服や着れない服もたくさんあります。

ワイシャツの2~3個目のボタンが止まらないなんて当たり前。

流行りのオフショルダーもかがむとすぐに胸が丸出しになるので着れません。

 

 

胸がデカイせいでいつも肩こりなのが通常運転。

机の上に胸だけ置くと肩がふわーっと軽くなるという

女子力のカケラもないことをたまにしてしまうくらい( ´・ω・` )

 

 

要するに私の場合

胸が大きいことをメリットとして捉えられないんです。

 

 

だから

私は胸のケアを一切していないし

大きく美しく見せようとしていいブラを買うこともないし

いろいろはみ出てなければそれでよくね?

というスタンスでおります。

 

 

こういう胸の持ち主からは

もちろん、セクシーさは漂いません。

 

私自身が胸をコンプレックスだと捉えており

セクシーだと捉えていないから

です。

 

 

では、私がハワイで見つけたセクシーな女性たちはというと

みんな少なからず自覚がありました。

 

 

大きさや張りだけではなく

・胸やお尻が私は武器

・いつも時間をかけてケアをしている

・綺麗に見えるような水着のチョイス

・エロいんじゃなくてセクシーな仕草

 

 

などなど、みんな自分で自分をセクシーだと自覚していました。

時折、それはどこを隠してるの?みたいな水着もあって

セクシーさの自覚や自信を感じさせられました。

 

 

ここまでくるとなんとなくわかると思いますが

セクシーさは意識の問題、なんです。

 

 

まあ、セクシーさに限らず形容詞や形容動詞に分類されるものは

意識が関与してるはずなんですが。

 

 

意識の話をすると

顕在意識と潜在意識が・・・となりますが

今回は割愛(・∀・)長くなるから

 

 

まとめます。

 

セクシーさとは

自分で自分をセクシーだと意識し自覚することから始まるもの、となります。

習得したり出来るようになるものではなく

既に自分の中にあるもの。

あとは、それを自分がどう認識するかにかかってるんです。

 

 

ということを私を含めた男友達へのメッセージとしておきます(・∀・)

 

せくしー・・・かぁ( ´︵` )

 

ではまた。

日本の高齢者は世界一不幸なのかもしれない

 

ここら辺のツイートについて

少しだけナースあさみの意見を述べておきたいと思います。

 

 

 

 

この記事に出てくる承認欲求

世界中の人が持っているものなのに

日本人だけ満たされないのは

 

自分ではない誰かに

認めてもらうことを

追い続けてきたから

ではないかと思うのです。

 

 

テストでいい点数を取り

MARCH以上の大学に通い

CMを流しているような会社に入って

ドラマのような家族を築き上げる。

 

 

少し難しく言うと

評判を気にして

見栄を張り

評価されやすいように数字に落とし込む。

 

つまり、誰かに認められることがすべて

になってしまっているんです。

 

と、いうことは

高齢になり周りに認めてくれる人がいなくなる段階に入ると

この承認欲求の満たし方が崩れていくことになります。

 

具体的に言うと

評判を気にする対象が減っていき

見栄を張る相手がいなくなり

数字に落とし込もうにも計算が出来ない←

みたいな(・∀・)

 

言い換えると

勝負する相手も空間もなくなっていく。

出来ることが出来なくなっていく。

 

だからイライラするし誰かに当たりたくなる。

 

その対象が身近なパートナーや

近しい看護師や介護士になってしまうんですね

悲しいことに(´;ω;`)

 

 

看護師や介護士の対応を変えることももちろん大事かもしれませんが

 

 

誰かに認められることを目的とした生き方を改めた方がいいんじゃないか

と、あさみは思います。

 

つまり

自分で自分を認める生き方ですね。

 

見栄や評判はひとまず置いといて

自分の感情が満たされることにフォーカスする。

数字や目標達成も時には必要だけれど

それよりも自分の満足度や納得度に主軸をおく。

 

 

こっちの方がイライラしないし

誰かに当たらないし

最期を迎えるときも穏やかだと思いませんか?

 

 

たとえ寝たきりになったとしても

(そもそもこういう人は寝たきりにならないとは思いますが)

 

俺は生きている意味がない、とか

ベッド上で1日過ごすなんて価値がない、とか

私は家族の重荷だ、とか

考えててもコミュニケーションの術を絶たれてたらそもそも伝わらないですしね*(^o^)/*

 

意味とか価値とかそんなものより

存在しているだけでいいんじゃない?

っていうように自分で自分を認める気持ちがあれば

それだけで満たされるはず。

 

 

日本人はここが弱いなーと

患者さんを見てていつも思いますもん。

特に、男性性の強い人ね。

 

 

存在しているだけで大丈夫。

明石家さんまさん風に言うと

生きてるだけで丸儲け、的な考えが

浸透したらええな(●´⌓`●)

 

と思うあさみなのでした。

 

 

ほな( ´ ▽ ` )ノ