読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナースあさみの毎日

ナースあさみの表の顔を書いています。裏はこちらhttps://note.mu/asami300765/m/m0340e4f11c69

助けて欲しいって言う人を助けない理由

看護師として働いていると記事を書くためのネタが尽きませんな(*´∀`*)ぐふふ

 

いやぁ、患者さんと話している感じるのが

【自分が一番重症だから構ってくれよ感】なんです。

 

先日、患者さんに挨拶をしに行ったら

「先生から手術しなきゃいけないって言われたのに

今月中には出来ないって言われたよ。

患者を馬鹿にしているとしか思えない。

なんで今週にでも出来ないんだ。

こっちは命がかかってるんだ!!」と

ジャイアン顔負けのお怒りモードで私に話しかけてきましたΣ(゚д゚lll)

 

 

怒りが収まるまでふんふんと話を聞いて

怒りが落ち着いてきたところで

医療者の考えと今の医療の実情を以下のように伝えました。

 

「実はですね、手術の予定って3ヶ月先まで埋まっているんです。

20部屋ある手術室を毎日フルで回しても

患者さんにはそれくらい待ってもらっています。

もちろん、その間には緊急手術もありますし

がんのように進行すると手術そのものができなくなってしまう人もいます。

なので、医療としてはその人たちを優先します。

病院の役割はなるべく多くの人を助けることですから。

トリアージと呼ばれる災害時での医療の対応もそうです。

私たち医療者が最初に目を向けるのは

助けてって言える人ではなくて

助けてって言えない人たちなんです。

本当に助けが必要な人たちは意識がなかったり

勇気を出せなくて助けてって言えませんから。

なので、〇〇さんは今月の手術は難しいと思います。

 

 

あ♡ いきなり急変したら速攻で手術できますけど

きっと、痛いし苦しいし手術後の経過も良くないでしょうね!」

 

患者さんは

「いやいや、それは勘弁してくれ!!

待つから安全に痛くないようにして貰わないと困るよ。

そんなに待機している患者がいるのか・・・

手術っていう選択肢があること自体まだマシなんだね。」

と、納得していただけました(*´∀`*)

 

 

このやりとりから

困っている

助けて欲しい

苦しい

と、誰かに言えるうちはまだまだ大丈夫というのがわかった頂けたかと思います。

 

 

そして、ここでのエピソードを社会全体に広げると

虐待やDV、いじめなんかも同じ原理だと思っています。

被害を受けている人は狭い視野の中で生きる世界が終わってしまっていて

「助けてって言ってはいけない」

「助けを求めることは悪だ」

「助けが必要だと認識していない」

と思っている人が多くいると思います。

 

 

どの分野であっても

プロはそういう人にこそ助けの手を差し伸べられる存在であってほしいし

そういう存在でありたいな、と思います。

 

あ、もちろん助けてって言える人にも手を差し伸べますからね(・∀・)