ナースあさみの毎日

ナースあさみの頭の中を書いています。心の中はこちらhttps://note.mu/asami300765/m/m0340e4f11c69

自炊をする人はコストのかけ方がうまい

さてさて自炊をする方ならなんとなくおわかりかと思いますが
 
外食って高く思いません?
 

こんなんで1000円なの?みたいなランチもあれば
これでグラム499円のサラダかうーん・・・というデリもあると思います。
 
ちなみに私は昨日
これで1000円のランチなんてお得!に出会えました(^^)
食いしん坊の嗅覚スキルをいかんなく発揮。
 
話を戻して
これは自炊をしている方ならではの感覚のようです。
いつもランチは外食の方にとってはそれが当たり前なので
高いとも安いとも特に考えず
これはこの値段で妥当なものだろうという理解になっています。
 
 
外食が高いと思う理由、それは
 
自炊をする人はそれが出来るまでのコストのかかり方を理解しているから
 
です。
 
 
例えば、レモン塩なら
 
レモンの材料費
塩の材料費
レモンを切る手間
塩でもむ手間
2週間毎日レモンの入っている瓶を振る手間
レモンを絞って刻む手間
手が荒れているところにレモン液が染みる痛み
各手間に費やす自分の元気
 
・・・などを合算してレモン塩が出来上がる訳です。
 
 
同じようにグラム499円のサラダデリなら
 
材料の輸送費
衛生面を考慮した工場での取り扱い方
材料の加工費
材料の調達
販売店での陳列
〇〇産の△△のようなブランディングやポップ
店員の給料
店舗の維持費・家賃
 
などなどを合算してあの美味しいサラダが出来上がっています。
 
自炊をする人はこうやって外食の値段を分解しています。
 
その結果、売られているモノの背景を想像するのが
外食オンリーの人に比べて上手だと思います。
 
 
今回は自炊をする人とご飯を例に話をしましたが
これを他のジャンルにも応用すると
 
 
〇〇産のシルクを使ったストール
△△おばあちゃんが作った座布団
手作りの革のバッグ
などなど
 
時間のかかるもの
手間のかかるもの
ストーリーがあるもの
稀少性の高いもの
期間限定のもの
オリジナルのもの
 
は通常のものと比べて値段が高くなりますよね。
工場一括生産のものとは違うコストのかかり方をしていますから。
 
 
つまり、そのものの背景を知ることで
その背景ごとにどうやって価格が決められているのかを考えることは
とても大切だと思います( ´ ▽ ` )ノ
 
 
これからの季節だと
喫茶店で食べるかき氷と
屋台で食べるかき氷の違いを考える
でしょうか?
 
 
自分のお財布の中身とベクトルの向け方
二つのバランスをとれると
お財布も持ち主も喜ぶと思います ( ̄∀ ̄)ニヤリ