読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナースあさみの毎日

ナースあさみの表の顔を書いています。裏はこちらhttps://note.mu/asami300765/m/m0340e4f11c69

家事は女性性強めの人が向いていると思う件

どうもー( ´ ▽ ` )ノ

 

そろそろ冷たい麺の季節となりましたね。

おうどんも

お素麺も

冷麦も

茹でたあとしっかりと流水でぬめりを取り

ザルの中でこれでもか!!と水気を切ると

喉越しがかなり変わるのでお試しあれ(*ˊᗜˋ*)/♡

 

 

▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥

 

さてさて

タスカジというハウスキーパー(昔で言うお手伝いさん)の仕事をしているのですが

床を水拭きする時には効率的に拭けるように

コの字型に拭くんですね。

じゃばらのようなイメージです。

 

 

そうやって拭いてる時に

(´-`).。oO(そういや弟はこんなふうに掃除していないなー

と思い出しました。

 

弟だけじゃなく父もそうなんですが

彼らの掃除スタイルは

【気になったところから徹底的に攻める】

なんですね。

 

なので、汚れやカビがあったら

なんとしててでも綺麗にしないと気が済まない。

トイレ掃除の場合ならば

歯ブラシや楊枝まで用意して

徹底的に仕上げていきます。

そこを終えないと次のポイントへいけないんです。

 

 

なので、めちゃくちゃ時間がかかりますww

え?まだそこやってるの?

と、私と母が驚くくらい集中して

同じ箇所をやっています。

 

ちょっとトイレしたいんだけど・・・

なんて口を挟む余裕などありません(ヾノ・ω・`)

 

 

 

それに対して、私や母の掃除スタイルは

【全体的にまんべんなく終える】です。

 

トイレを掃除すると決めたら

ザーっと掃除します。

 

 

取れない汚れや届かないところがあっても

今日の目的は

トイレ掃除を完璧にすること、ではなく

トイレがそこそこ綺麗になっている状態を目指すこと、になるので

掃除を早く終えること、に重点が置かれます。

 

 

結果、弟や父のように完全無欠ではないですが

短時間でそこそこトイレが綺麗になります。

 

 

このような掃除の傾向から

そういえば、学校での勉強でも

男女の差ってあったよなーと思いませんか?

 

 

男の子の秀才君って

数学と理科がいつも100点

社会はそこそこで80点

国語は苦手で60点

というイメージでした。

 

女の子の秀才ちゃんは

100点はないけれど

60点を取ることもなく

全て85点、みたいなイメージ。

 

それぞれ同じ点数なのですが

その内容は全然違いますよね( ´ ω ` )

 

もちろん、女の子の秀才ちゃんでも

100点を取っている子もいましたけど

非常に考え方が男の子寄りだなー

と思っていました。

 

 

 

では、ここまで男女でわけていましたが

次からは男性性、女性性でわけていきますね。

 

ちなみに私の思う男性性と女性性は・・・

 

男性性

・父的な感じ

・勝ち負けが好き

・論理的思考回路

・数字大好き

・建前がすべて

 

女性性

・母的な感じ

・共有することが好き

・感情的な思考回路

・文章が好き

・本音が全て

 

という感じです。

 

 

以上のような

掃除の例と勉強の例から

 

【気になるところから攻める】→男性性強め

【全然的にまんべんなく終える】→女性性強め

ということが言えるんじゃないかなー

と考えました。

 

家事で言えば

毎日の料理、洗濯、掃除は平均点超えを求められるので女性性強めの人が向いているけれど

 

エアコン掃除や排水管の掃除など細かく専門性が必要なことは男性性強めの人が向いている。

 

 

料理関連で言えば

再現性が高く安くて早くて美味しいレシピをたくさん考案出来るような料理研究家が女性性強めで

 

プロの料理人は自分のスキルや経験をあげていくことに集中するので男性性強めな傾向。

 

 

医療で言えば

看護師は患者さんのナースコール、自分の仕事、関連職の対応や調整、いきなり入ってくる処置やスケジュールをサラリとかわしながらとりあえず仕事を終えることを目標にすることが多いので女性性強めの人が多く

 

医者は自分の向いている分野を突き詰めて試行錯誤しながら実践し、研究し、オペもして突き詰めていくので男性性強めの人が向いているなーと思います。

 

 

ここまでくるとわかってくると思うのですが

 

男性性、女性性でわけたからといって

必ずしも男女でわけることと一致するとは限らないですよね?

 

家事が得意な男性も入れば

男子顔負けクールな女医さんもいます。

 

昨年あたりからLGBTというワードも浸透してきているように

男性性と女性性がMIXされるような時代になってきていると思います。

 

男の子っぽい女の子もいれば

その逆もまた然りです。

実際の性別はあまり関係なく

その人が魅力的なら輝ける。

 

芸能人でいうオネエキャラが寛容になってきて世の中にウケているのも

その流れなのかなと思っています。

カミングアウトが当たり前

になりつつありますよね(*´・ω・)...

 

 

なので、これらのことをまとめると

【気になるところから攻める】が好きな人は男性性強めのものと相性がいいし

 

【全体的にまんべんなく終える】が好きな人は女性性強めのものと相性がいいです。

 

そして、これからは

男性性と女性性を自分のバランスでMIXさせること、がポイントかなーと思います。

 

私のタスカジの仕事で言えば

全体的にまんべんなく掃除は終えるけれど

料理の早さや味はかなり良い(自画自賛ww)とか

 

プロの料理人ならプロの味は守りつつ

賄いの料理やレシピをSNSでシェアするとか

 

 

その人オリジナルの性のMIXぶりが

誰かの役に立ったり、価値になったり

するんじゃないかな、と予測しております|ω・)

 

 

というわけで

自分の考え方や行動が

男性性、女性性のどっちよりなのか?

を意識することで向いている分野や仕事と

出会えるかもしれませんね( ´ ▽ ` )ノ

 

 

長々とお付き合いありがとうございました!!

 

ではー(*ˊᗜˋ*)/♡