ナースあさみの保健室

ナースあさみの頭の中を書いています。心の中はこちらhttps://note.mu/asami300765/m/m0340e4f11c69

予約される人になりたい

どうもー( ´ ▽ ` )ノ

 

一昨日からの下痢がもうどうにも止まらないので

さすがに病院にいってきました(*´∀`*)

お薬も出してもらったのでとりあえず一安心。

 

あとは、このピーピーが

いつまで続くのか問題だけですね(´・ω・`)おしりいたい


*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*

 

さてさて

先日知人とランチの約束を調整していた時に

「あさみちゃんを予約!!」というフレーズが出てきまして

 

これ、非常にいいなぁと思ったんです。

 

そもそも、友人や知人と何かしらの約束するときって

そのやり取りからして

お互いへの配慮や気持ちが伝わるじゃないですか。

 

逆に言うと、その配慮や気持ちがこもっていない人はすぐにわかります。

そういう人たちとは極力会わないようにしていますが

たまーに

「今日の夜、あいてたらおいでよー」みたいな人いますよね。

なにその枠があいたから誘ってきた取ってつけた感。

お前のために私はいるんじゃない(`・ω・´)ふん

 

 

脱線しちゃった。

話を戻します。

 

約束に至るまでには

・メールやLINEでのやり取り、それにかける労力と時間

・お互いのスケジュールの確認

・お互いの優先順位の確認

・お茶するなら喫煙OKか、静かな方がいいかなどの環境の調整

・ご飯するなら好みやアレルギー、嗜好の確認

 

などなどが私はピュンっと頭を巡ります。

 

そういうやり取りを含め

会いたいな話したいなと思う人とはトントンと約束が決まっていきます。

 

そして、昨日は最後に

「あさみちゃんを予約!!」

というワードが出てきたんです。

 

私と過ごす時間を共にするために

相手が配慮してくれた感覚

をものすごく感じた一言でした。

 

どうしても予約というと

お店やサービスなどが思い浮かびますが

個人である私たちにも同じように時間は流れているし

それなりの予定や都合がありますよね。

 

それを自分の予定や都合を調整してまで

合わせてくれる、とういうのは

私を大切にしてくれている、と感じます。

 

同じ時間を過ごすなら

自分を大切に思ってくれている相手と過ごしたい(*´∀`*)

 

 

逆に、どんなに身近であっても

「ごめん今日はやっぱむりー」

「他の都合が入ったのでリスケ出来ます?」

などというのは不快です、私は。

 

私の予定って積み重ねると私の未来ですから。

大事にしてくれない人とは一緒に過ごしません!!

 

 

今日のまとめ

自分の時間や都合を大事にしてくれる人と付き合いましょう、ですね。

これだけで日常のストレスがぐーんと減りますよん(・∀・)

 

 

 

ちなみに、その知人とは

新橋で昼から飲んだくれるという

おやじ一直線の約束なのでした(*´∀`*)

 

 

読んで下さってありがとうございました。

ではー(o・・o)/