ナースあさみの毎日

ナースあさみの頭の中を書いています。心の中はこちらhttps://note.mu/asami300765/m/m0340e4f11c69

意識をコストカットする

どうもー( ´ ▽ ` )ノ

 

今日も家事代行サービスで

せっせとお料理していたのですが

うっかり熱いお鍋を素手で触ってしまい

 

わーお!!!

と、外人ばりに叫んでしまいました・・・

 

それに絡めて・・・

無理やり絡めて

今日は反射について

お話していきますー

 

△△

 

 まずは、反射について。

 

反射とは

脳を介さないで

感覚と行動を繋げること、です。

 

私のように

熱いお鍋を触ってしまったことを

例にしてみましょう。

 

 

本来の身体の機能ならば

 

手に熱いお鍋が触れる

   ↓

  神経

   ↓

  大脳(ここで熱いと認識)

   ↓(すぐに手を引っ込めろという指示を出す)

  神経

   ↓

 手を引っ込める

 

と、こういうプロセスを辿ります。

難しい言葉でいうと

感覚器における大脳を介した反応

って感じです。

 

ただ、こんなプロセスだと

手を引っ込める間までに時間がかかりすぎて

手が火傷しちゃいます。

丸焦げデロデロです。

 

そこで、時間がかかる正規のルート以外に

身体には反射という仕組みが備わっています。

 

身体を守るため

考える中枢である大脳をすっ飛ばす

上のルートの大脳ショートカット版

と、思っていただければOKです。

 

 なので、反射の反応は

無意識の反応です。

頭使っていないので。

 

 実際に、熱いお鍋に手が触れた時も

物凄い速さで手を引っ込めてるはずです。

 

 

あ、手があつーい(´;ω;`)

なんて思ってる間もなく

手を引っ込めてるはずです。

身体の防御反応だから|ω・)キリッ

 

 

 

ここで話が少しズレますが

似たような仕組みに

行動のルーティン化もあります。

 

あれも

行動を習慣化=無意識化することで

パフォーマンスのクオリティを上げる

というものです。

 

意識をパフォーマンスに集中させるために

いつものことへの意識はコストカット

というところでしょうか。

 

 

ちなみにお聞きしますが

皆さん

いつもの自分の歯磨きのやり方

全部口頭で説明出来ますか?

きっと、いつものやり方が

あるはずなんですが・・・??

 

これもおそらく

ルーティン化している人が多いです。

上から磨く

磨き方は横向き

などなど

覚えていない=意識をしていないだけで

それぞれのこだわりがあるはず。

 

 

ただ、ルーティン化しているので

テレビをみてても

電話してても

勝手に手が動いて

気付いたら歯磨きが終わっているんです。

 

 

 

以上、ここまで

意識を介さない

意識をコストカット

というお話をしてきました。

 

意識を介さないと

どんないいことがあるのか?

皆さんならもうおわかりだと思いますが・・・

 

 

 

 

1日のタスクを増やせる

やりたいことのパフォーマンスが上がる

1日の時間が増えたような感覚になる

余計な感情も使わなくて良くなる

 

 

こんなところでしょうか( ´ ▽ ` )

だから、行動の習慣化に関する

書籍が多いんですね。

人生をお得になるから。

 

 

あさみのオススメは

朝のルーティンを決めてしまうこと。

 

 

起きたら

ストレッチして

掃除して

洗濯して・・・

これらをアタマを使わず

整えられたら

お得ですよねーヽ(*´∀`)ノ

 

 

ではーヾ(・ω・`)