ナースあさみの保健室

ナースあさみの頭の中を書いています。心の中はこちらhttps://note.mu/asami300765/m/m0340e4f11c69

暮しの手帖の人間版になりたい

どうもー( ´ ▽ ` )ノ

 

東京は湿度がヤバイです。

バスから降りると

湿度の差でメガネが曇る始末((( ゚д゚ ;)))

前が見えなくなって危ないです。

 

△△

 

さてさて実は

今日まで実家に帰ってました。

 

あさみ宅にはテレビがないので

ここぞとばかりに

テレビを見まくりましたよー。

 

おかげでオリンピックの

卓球の試合や

バドミントンの試合が

リアルタイムで見られて

興奮しました(`・ω・´)

 

それで今朝は

連続テレビ小説

とと姉ちゃんを見ました。

とと姉ちゃんとは

雑誌「暮しの手帖」を創刊した方です。

 

暮しの手帖を知らない方へ

サラッと説明すると

【広告を載せていない中身のある雑誌】

って感じです。

 

他の雑誌に中身がないと言ってるわけじゃないのですが

広告ばかりで

特集もいまひとつ

ライターの記事のクオリティもあれ?

みたいな雑誌は少なくないと思います。

 

他の雑誌やメディアは

広告を載せているから

安いんですが

 

この暮しの手帖は広告を載せていないため

お値段は高めです。

付録もないのに1冊1000円近くします。

 

けれども

どのメーカーや業者とも癒着しておらず

読者へフラットな情報を届けることが使命のため

読者からの信頼は厚いです。

特集やコラムも秀逸で

生活を豊かにしてくれるものばかりです。

 

 

 

この理念を改めて考えた時

私のやりたいことと物凄くリンクしました。

 

雑誌は情報を届けるだけですが

もし私がサービスとして提供するなら?

と考えるとワクワクしたんですよね(・∀・)

 

 

だから

 

健康を支えること

病気になっても家で暮らすこと

ターミナル期でもその人らしく生きること

痛みや辛さを出来るだけ軽減すること

お金がなくても心豊かに過ごすこと

家の中を掃除すること

整理整頓して過ごすこと

身体に合ったご飯を食べること

作り置きをうまく使って

家ご飯を成立させること

上記のようなことを文章で相手に届けること

 

これらすべてを

私の仕事にしたい。

 

私は私というフィルターを通して
クライアントの暮らしを整えること
が自分の使命だと思っています。

言わば、暮しの手帖の人間版みたいな。

 

 

お金があっても

家族がいても

名誉があっても

持ち家があっても

暮らしが回っていなければ

生活がなりたちません。

 

ここら辺にどうアプローチするか。

これが課題ですわ(´;ω;`)

 

 

ではー(*´∇`)ノ