ナースあさみの毎日

ナースあさみの頭の中を書いています。心の中はこちらhttps://note.mu/asami300765/m/m0340e4f11c69

あさみ的作り置きのコツ①

どうもー( ´ ▽ ` )ノ

 

昨日も家事代行サービスで
作り置きおかずを
たくさーん作ってきました。

 

f:id:asami300765:20160819212025j:image

 

昨日は11品。

これを周りに人に話すと
とても驚かれます。

 

私としては普通のことなのですが
コツを教えて欲しいほしい方が多いようなので
ポイントをまとめてみました( ´ ω ` )

 

 

1.料理のイメージは最低限で考える。

 

どういうことかと言いますと

例えば

肉じゃが作りたいと思うじゃないですか?

しかし玉ねぎがない。

にんじんがない。

こういうことはよくあると思います。

 

が、しかし

そんなことはどうでもいいんです(`・ω・´)

 

肉じゃがは

とりあえず肉と芋があれば成り立ちますww
だから肉じゃがって言うんでしょ?

 

パンがなければケーキを食べればいいじゃない

by マリー・アントワネットの如く

 

プラスするにんじんがなければインゲンでもいいんです。

小松菜でもいいんですよ。
大根の葉っぱでもいいんです。

 

肉じゃがには
お肉と芋とにんじんと玉ねぎって決めつけていると
それらがないと永遠に肉じゃがは作れません。

 

頭の中で肉じゃがのイメージが固定化されてしまっています。
これじゃいつまでたっても応用出来ません。

 

まずは料理が成り立つ最低限を考えること。

これ、結構大事だと思います。

 

 

2.味付け=風味+味覚

 

スープや煮物、炒め物もそうですが
素材から風味が出るものはOK。
風味が謎な人は出汁と捉えて貰っても良いですヾ(・ω・`)

 

美味しいお肉なら
塩コショウだけでも充分美味しいけど

 

ブロイラーなど風味の少ないお肉は
出汁や調味料でがっつり風味を出さないと
美味しくならない、みたいな。

 

すっぴん美人はファンデーションとアイブロウだけでいいけど

 

そうじゃない人はコンシーラー、ハイライト、ローライト・・・
いろいろやらないとダメみたいな。

 

要するに味のないものには風味を足さないといけない。


味は風味と味覚でできているので
いくら調味料で味を足してっても
深さである風味がないと味気ないものになってしまいます。


茅乃舎の出汁が流行っているのもそのせいかもしれません。
あれでポトフ作ると一流の味になりますしヽ(*´∀`)ノんまい

 

顆粒だしやコンソメ、チキンスープのもとがあれば
だいたいの風味はクリアできるかと思います。
もちろん、茅乃舎の出汁もオススメ高いけど。


イマイチうちの味が単調な方は
少し加えると深みがまして美味しいですよん(*´ω`*)

 

 

3.料理=下ごしらえ+加熱

 

料理っていうのはだいたいこの二つで出来ています。

だから、きゅうりを洗ってそのままお味噌につけて食べるとか
もはや料理ではないかもしれない(・ω・`)おいしいけどね

 

効率を考えるなら先に下ごしらえをおえてから
加熱にうつった方が早く出来ます。

切って、加熱して、茹でて、切って、加熱して・・・
よりも
切って、切って、切って、加熱、加熱、加熱・・・
の方が早いんですよー

 

私もいつも作り置きの仕事の時は
50分くらいを下ごしらえにかけて
90分くらいを加熱にかけています。

 

この下ごしらえがみんなめんどくさいんでしょ??

 

きゅうり切って
じゃがいも茹でて
トマト刻んで
人参は千切り
ごぼうはささがきにして
レタスはむしってちぎって冷水にひたす
ナスは乱切りで塩もみ
ピーマンは半分に切って種を取って・・・

 

もうね、無心でやってればいつか終わるから。
どうしてこんなことやってるんだろう・・・って思ってる人は
とりあえず無心へGO!!

明けない夜はないように
切り終わらない料理はないから(´ω`)

 

ちなみに私は材料を切っている段階でようやく
どんな料理にするか決めます←遅いww

だって、食材の状態って
触ってみないと
切ってみないと
わからない事が多いから。

アボカドなんて最たるもんですよね。
切ってからデロデロパターンもあるので
そこでディップにしよう、と決めます。

 

 

4.段取りを逆算する。

 

企画、イベント、文化祭などの運営をやったことのある人は
きっと同意してくれると思います。

 

料理も段取りなんです。
まずはケツを決める。

 

今、夕方5時で7時までに夕食を作りたいなら
そこから時間で逆算して考えていけばいい。

 

おそらく、逆算なんかできないよー(´Д`;)
って方が多いと思うのですが


それは自分がやることとそれにかかる時間を
把握していないから、なんです。

 

玉ねぎ1個をみじん切りにするまで
自分はどれくらいの時間かかるか知ってます??

 

頭を切って
皮をむしって
おしりの根っこを切って
半分に切って
切れ目をいれて
みじん切りにするまで

私は1個あたり3分くらいかかります。

 

こうやって
自分がやることとそれにかかる時間を把握していくようになると
段取りが組めるようになります。

3で述べた、切って、茹でて、加熱に
どれくらいの時間がかかるのか
タイムスケジュールが出来上がるんです。

あとは、スケジュール通りに自分が動けばいいだけ。
そんなに頭を使わないで済みます。

 

 

 

あとは、実践のみ!!

 

 

あとは、たくさん切って加熱して
失敗して下さいww

失敗してもこげてなければ
食べて帳消しにできるのが料理のいいところ(・∀・)

 

私もかつては
オーブンで焼いたレモンパイの中身のフィリングが
波打って出てきてめっちゃ焦ったことがありますヽ(´Д`;)ノ
以来、コーンスターチは信用できませんww

 

どうしてお肉が硬いんだろう?

どうして味がしみないだろう?

どうして焦げちゃうんだろう?

 

そこで工夫をしていくことが
料理の知恵になります。

 

料理だけじゃなく
知恵の獲得方法としては
それしかないと思います(`・ω・´)

 

皆さんの食卓に
美味しさと知恵が溢れますようにー!!

 

 

ではー(o・・o)/