読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナースあさみの毎日

ナースあさみの表の顔を書いています。裏はこちらhttps://note.mu/asami300765/m/m0340e4f11c69

冬こそ脱水に注意を!!

どうもー( ´ ▽ ` )ノ

 

先日、知人から脱水について質問があったので
そこらへんを書いていきますね。

 

♪゜・*:.。. .。.:*・♪♪゜・*:.。. .。.:*・♪♪゜・*:.。. .。.:*・♪

 

脱水と聞くと
身体から水が出て行くイメージが強いと思いますが

 

医療者からみると
水が出ていくのはむしろどうでもいいことでして(・ω・`)

 

 

肝心なのは

ナトリウムとカリウムです。

塩の成分であるNaclのNaさんと
特に果物に多く含まれるKさんのことです。

上の例でもわかるかと思いますが
NaさんもKさんも

 

非常に水と仲良しなんです。

水がそばにいなきゃ生きていけない!
みたいなレベル。
イオン的な感じね。

なのでいつも水とくっついています。
入るときも出るときもだいたい一緒。

だって、塩をそのまま舐める人なんてそういないでしょ?
カリウムも同様に何かに溶けたままみんな摂取しています。

 

ということは
脱水に状況を置き換えると

水と一緒に
NaさんとKさんが
体の外へ出ていってしまうんです。

これが問題というわけ。

 

なぜなら

NaさんもKさんも
身体の中ではめっちゃ微妙なバランスで濃度をキープされているので
少しでも多すぎたり少な過ぎたりすると

 

 

意識ぶっ飛びます\(^o^)/

 

 

特にカリウムに関しては
多すぎると

 

 

心臓が止まります\(^o^)/ 
本当に止まりますからね、ピーって。
※気になる人は 心電図 テント状T派 で調べてみて下さい。

 

 

なので、脱水で倒れて病院に運ばれると
絶対最初に採血されます。

だってNaさんとKさんのバランスチェックをしたいから。

その後、どんな点滴をチョイスするか決めます。

点滴もいろんなものがありますが
ほとんどがこのNaさんKさんと糖分(グルコース)の量のバランスで
幾種類もあると思ってて大丈夫です。

なんかよくわかんないけど
とりあえず点滴しなくちゃってときには
Kさんが全く入っていないものをチョイスすることもあります。

それから治療スタートって感じです。

 

 

ここからちょっと難しくなりますよー

水が外へ出てしまうのも脱水ですが
身体の中のNaさんとKさんが増えるのも
相対的に脱水になるのがわかりますかね?

冬は汗をかかないから大丈夫ー!!
って思ってるのは甘い(・∀・)

夏よりも
水分取るの少なめ
ご飯は味濃い目
暖房ガンガンの場所で過ごしてると皮膚かぴかぴで

上のNaさんとKさん濃い目脱水パターンになりますからね(・ω・`)

 

 

汗をかかなくても脱水になります。

冬こそこまめに水分をー(`・ω・´)