読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナースあさみの毎日

ライフケアがマイテーマ。看護師、ハウスキーパー、イベント企画をしながらみんなが自分のLifeをCareしやすくなるサポートが出来たらいいなって思っています( ´ ▽ ` )ノ

ナースあさみ、新しい企画を始めます!!

どうもー( ´ ▽ ` )ノ

 

タイトルの通り

昨年末からねりねりしてた(消しゴムではない)

新しい企画のお知らせです!!

 

初めてのセールスレターで

正直、文章で伝えるってこんなにも難しいんだ・・・!!

と、痛感してるところです。

 

ただ、一言で言うならば

あなたらしい暮らしを支えたい

それにつきます。

 

 

興味のある方は下記から読んでみて下さい。

 

 

。゜⋆。゜⋆。゜⋆。゜⋆。゜⋆。゜⋆。゜⋆。゜⋆。゜⋆。゜⋆

 

どうもー( ´ ▽ ` )ノ

あさみと申します。


いつもは夜勤看護師として夜の平和を守りつつ
人んちで作り置きのご飯作ったり
メルカリで不用品を売ったり
家で1人を満喫したりしている
アラサー女子です。


このように、暮らしや健康に関する仕事が大好きなので
これらに関して何か困ってることがある人をサポートするような仕事をあれこれ探していましたが
あらためて【日々の生活を包括的に整えてくれる仕事】という視点でみてみると、なかなか見つからないんです。


確かに考えてみると
栗原はるみさんは料理研究家として有名ですが、実際に家にきて料理してくれる訳ではないし
家事えもんの家事のコツも役立つはわかるけど、実際にやってみるのは自分で維持し続けるのは大変ですよね。


ナースに相談したいけど友達や親戚に医療関係者は誰もいない。
かといって病院や保健所に行くほどではないしどこへ相談したらいいの?


このように、各分野に特化したプロはたくさんいるけど
実際に暮らしや健康を包括的にサポートしている人や職種が誰もいないんです。


暮らしってそもそも縦割りするもの?
毎日続いていくものなのにおかしくない??


ならば
私がやってしまおう(o・・o)/

という訳で今回、新しい企画を用意しましたのでご紹介していきます。

 

題して

【ナースあさみの暮らしを整えるコンサルティング

です。

 

なんでナースなのに自分で企画してるの?
そもそも働く場所って病院だけじゃないの??


などなど、疑問質問があるかと思いますが
ここから詳しく内容や背景を説明していきます。

そんなもん読んでる時間ない!
さっさと料金表を知りたい!!
早く申し込みたい!!!


って人はページをさらーっとスクロールして頂き
下記の料金やメニューをご覧下さい。笑

ではでは、しばしお付き合い下さいませ。


。゜⋆。゜⋆。゜⋆。゜⋆。゜⋆。゜⋆。゜⋆。゜⋆。゜⋆。゜⋆。゜⋆。゜⋆。゜⋆。゜⋆。゜⋆。゜⋆

 

あなたのナース像と実際のナースとのギャップ


みんなが思い浮かべる看護師の職場と言えば病院、ですよね?

白衣をピシッと着こなし
いつも医者のそばにいて
めまぐるしく動いていて
女性の大変な仕事の代名詞
というのが一般的なイメージだと思います。


ドラマだと、ナースのお仕事(古いかしら笑)、ナースあおい、救命病棟24時、医龍コウノドリ、Dr.Xなど
医療ドラマで看護師の姿が描写されていました。

 

仕事のイメージは、ナースステーションで同僚と愚痴を話しつつ
患者さんに点滴したりドクターの介助について一日が終わる、という感じなのでしょう。


実際は、もっともっと仕事があるんですが。笑

ただ、最近では病院だけが看護師の仕事の場ではありません。


患者さんのおうちでケアするナースや
修学旅行に同伴するナース
ライブやイベントで待機するナースなど
看護師の働き方もかなり多様化しています。


ここからちょっと難しくなります。
国の決まりでは
【診療の補助】と【生活の援助】
というこの二つが看護師の業務となっています。

なので、一般的なイメージである診療の補助をする病棟ナースだって
患者さんの生活をサポートすることも実は仕事の一部なんです。

そして、生活という言葉が出てきましたが、
私はこの【生活の援助】こそ看護師のマインドの要だと思っています。


というのも、患者さんの中には元気に退院していく人もいればそうではない人もいます。
ドラマのようにウッと胸を押さえてバタっと倒れてそのまま・・・という人は以外にも少ないです。


がんでも心臓病でも多くの患者さんは
良くなったり悪くなったりを繰り返しながら
人生の終焉に向かっていくのです。

イムリーでがんと戦っている芸能人だと
小林真央さんが有名ですよね。

いろんな治療をしながら今を生きてるのがこちらにも伝わってきます。
ああいう感じです。

つまり

病気に加えてだんだんと老化も重なり
お風呂に入れなくなったり
歩けなくなったり
食べれなくなったり
起き上がれなくなったり


そうして弱っていき
天国へお引越しをするんです。

 

このように、出来ないことが増えていく期間の生活を包括的に支えるのがナースの大きな仕事です。


なるべく自分でお風呂に入れるように器具の配置や家の導線を整えたり
歩きやすい履きやすい脱ぎやすい靴や衣服をアドバイスしたり
その人が食べやすい食事の形態や体勢を工夫したり
介護者の負担ができるだけ軽減出来るような身体の起こし方を提案したり

 

つまり【その人らしく生活していくためには?】を調整し叶えていくことが
私たち看護師の仕事の重要なポイントの1つになります。


そして、この考え方。
患者さんだけじゃなくあらゆる健康レベルの人にあてはまる話だと思いませんか。

 


どんなことがあってもみんな暮らしからは逃げられない


ここでちょっと非情かつ現実的な話をしていきますね。


日本人の死因トップはがん、です。
今や二人に一人ががんになり
三人に一人ががんで死亡しています。


では、この患者さんたちって
がんになってからずっと入院していて
ベッドの上で一日過ごしているんでしょうか?


実は、全然違います。


みんな仕事や趣味や家庭の中など
暮らしの中で過ごすことが多く
必要な時だけ入院して治療をしている人がほとんどなんです。


先に挙げた小林真央さんなんかもそのパターンのはず。
治療に専念しながらも
家事をしつつ
子育てしつつ過ごされているはずです。

そして最期の場面ではじめて
ベッドの上で寝たきりパターンとなることが多いです。


極論を言ってしまえば
「あなたはがんのステージⅤ(一番悪い段階)で、手の施しようがありません。
あなたの余命はもって半年でしょう。」


と言われたからといってその日から人生全てが終わりになる訳ではないということです。


こう言われてショックを受けない人はいないと思います。
ここで皆さん真っ先に考えるのが

仕事のこと
家族のこと
お金のこと

この3つです。


家族にはなんて説明しようか。
まずは、配偶者に・・・でも子どもや親にはなんて言おう?

お金はどのくらいかかるんだろうか。
今の貯蓄で治療費は足りるんだろうか。
万が一、自分がいなくなった場合
家族はどうやって生きていくんだろう。


なーんてことが走馬灯の如くぐるぐる頭を回るんだそうです。
(がん患者さんがそうおっしゃってました)

 

ただ、ここで考えにも及んでいないけれど
でも、大事なことを忘れてはいませんか・・・?

 


そう、それが暮らしです。

 

上記のように余命宣告をされても
日々の暮らしは続いていきます。


病院から家に帰るまでには
歩いて電車に乗らなくてはいけません。
お腹がすいたらご飯を食べなくてはいけません。
もよおしたらトイレに行かなくてはいけません。
脱いだスーツはハンガーにかけなくてはいけません。
明日の仕事の資料を準備しなくちゃいけないし
シャワーも浴びなくてはいけません。


余命宣告までいかないにしても

仕事を失ったり
通帳の預金残高が3桁になったり
離婚届を渡されたりしても


日々の暮らしからは逃げられません。


暮らしから逃れられるとき。
それはいのちが終わるときと近しいのかもしれませんね。

 

 

"あなたに合った暮らし"を創る

 

というわけで
たとえ老いても病気になっても暮らしからは逃げられないのだから
今のうちから暮らしを整えておきましょう、ということです。


ここでいう整えるとは
今流行りの断捨離を極めるとか
シンプルな暮らしバンザイ、という訳ではなく

いい家に住んで
いい服・家具に囲まれて暮らす訳でもありません。


あなたに合った暮らしのサイズと質を一緒に考えてPDCAを回していくこと、をさしています。

(PDCAわからない人はググってね)

 

具体的に言うと
年収200万円以下であっても
暮らしを充実させることは出来ます。

 

反対に言うと
年収1000万円を超えていても
幸福感を感じられないまま暮らしている人はぜひ考えてみて欲しいのです。

 

よく、自己啓発系の本には人間力を高めましょうなんて書いてありますが
暮らしを充実させるにもこの人間力が大いに関係している、と考えています。


それは
たくさんお金を稼げること
地位や名誉が高いこと
大きな人脈組織を抱えていること
豪邸に住んでいること
ブランドもののアイテムをたくさん持っていること
そんなものではありません。


上記に挙げた人間力を成長させるポイントは
全部棺には入りません。
天国へ持っていけないものばかりです。

 

もちろん、地上で暮らす上では大きなパワーになってくれますが
そうではなくて、棺に入らない経験や信頼や思い出こそが
人間力の大きな要なんじゃないかと思っています。


身の回りにある暮らしを創りつつ人間力を向上する。
それが今回の企画の大きな柱になっています。

私自身もまだまだ成長の途中ですが
ぜひ一緒に考えて暮らしや健康を整えていきましょう( ´ ω ` )

 

こんな人にオススメです!

・片付けが出来ない
・自炊したいけど時間がない
・掃除が苦手
・カバンがいつも重い
・お財布の中がいつもレシートで溢れ返っている
・コンビニ弁当はもうたくさん
・なんとなく体調が優れない
・ストレス発散=衝動買い
・部屋がモノで溢れている
・部屋が汚くて帰りたくない日がある
・気づいたら一日が終わっている
・健康に自信がない
・もしもの時がすごく不安
・がんになったら人生おしまいだと思っている
生活習慣病になる自信がある
・死と聞くと耳を塞ぎたくなる
・自分に何かあったときはお先真っ暗
・既にがんにかかったことがある
・終活に興味がある
・人生の最期を穏やかに過ごしたい


コンサルを受けるとこうなるよ!

・スッキリした部屋で過ごせる
・時間を見つけて自炊出来る
・掃除が習慣になる
・カバンが軽くなる
・お財布の中のレシートが消える
・コンビニ弁当にサヨナラ
・体調が良くなる
・衝動買いしなくなる
・部屋からモノが減っていく
・自分の部屋へ帰るのが楽しみになる
・予定の有無に関わらず充実した1日を過ごせる
・自分の健康に自身を持てる
・もしもの備えが具体的に出来る
・がんになってもふーんって思える
・生活のクセを自分で修正出来る
・死と聞いても必要以上に怖くなくなる
・自分に何かあったときのことをシュミレーション出来る
・がんになってもうまく付き合える
・終活のソフト面とハード面を使い分けられる
・人生の最期を穏やかに過ごせる

 

 

 

☆コンテンツ詳細☆

・単発コンサル(対面でもSkypeでも可) 3時間くらい
10000円→初回のみ5000円で実施。
(価値観の整理ワーク付き)


・継続コンサル(対面でもSkypeでも可)
3ヶ月で30000円→初回価格25000円
月イチのコンサル(3時間くらい)とLINE無制限での相談対応

継続コンサルは基本的に途中辞退はなしです。
こちらも本気で関わるので。

 

対面の際のお茶代は個人負担とします。
料金は口座振込でお願いします。

 

そのうちコンサルを受けてくれた方でオフ会なんかも出来たらいいなと思っています。

やりたい方は以下に登録し
コンサル受けたいです、と一言連絡下さい。
追って口座などの連絡を致します。

LINE@→https://line.me/R/ti/p/@iti2593y

 

 

身近にある暮らしから
今の自分を整理して

これからの自分を考えてみませんか?

皆様のご参加お待ちしてまーす(o・・o)/


ナースあさみ

Twitter
https://mobile.twitter.com/asami300765
ブログ
http://asami300765.hatenablog.com
note
https://note.mu/asami300765