ナースあさみの保健室

ナースあさみの頭の中を書いています。心の中はこちらhttps://note.mu/asami300765/m/m0340e4f11c69

自分の作ったご飯を捨てられることから学んだこと

f:id:asami300765:20170222222722j:image

 

これは数年前のお話。

 

私には仲良しの同期がいて

自分のお弁当を作る時にはその子の分まで作っていた。

どうせ自分のお弁当のついでだし

喜んでくれると思って。

 

でも、時々その日のうちに食べてくれないことがあって

あれ??って思ってた。

人から貰ったものを忘れたの?

私のご飯、美味しくないのかな?って。

 

 

ある時、とどめを刺す出来事があった。

夏休みか何かで1週間ぶりに出勤したとき

先週渡したお弁当がまだ冷蔵庫に残っていた。

もちろん、腐ってた。

 

 

もう、その子にわからないように職場のゴミ箱にこっそりお弁当を捨てるしかないじゃない?

 

 

不思議とその子を責める気持ちはなくて

なんというか食材に対して申し訳ない気持ちだった。

腐らせるくらいならその子にあげないで

自分で食べれば良かったって。

 

 

と、同時に

「あの子にとっては私のお弁当はなんの価値もないものなんだ」ってことに気付いた。

タダほど怖いものはないというけれど

タダだからこそ

あの子にはなくてもいいものだった。

 

 

同じように家事の仕事でも

「あさみさんの料理、油っこくてほとんど食べられず捨てました。もう2度とお願いしません。」

 と、言われた事がある。

 

 

この時も悲しいとか惨めな気持ちよりも

あのお客さんにとって私のご飯はなんの価値もなかったんだ、って思った。

もちろん材料費はお客さん持ちなので申し訳ないことをしたと思うけれど

私はお客さんやその家族が美味しく食べてくれるよう尽くしたつもりだ。

 

 

このふたつの経験から

どうせなら私の作ったご飯という価値を認めてくれるところで勝負したい

と考えるようになった。

 

やっぱり作ったものを否定されたり捨てられるのは悲しいし

気持ちも食材ももったいない。

 

 

どうせならやるなら私にお金を払ってでも

ご飯を作ってほしい

話を聞いてほしいと思ってる人たちに全力を注ぎたい。

 

 

あさみさんのセンスが好きです。

味付けが好きです。

材料をいつも使い切ってくれてありがとう。

そう言ってくれる人たちに対して仕事をしていきたいと思うし

その方が自分も幸せだと思うから。

 

 

この辺の話は市場価値とかマーケット感覚で検索するといろんなエピソードや書籍が出てくるはずなので

知りたい方はぜひ(´˘`*)

 

 

ではでは。