ナースあさみの保健室

ナースあさみの頭の中を書いています。心の中はこちらhttps://note.mu/asami300765/m/m0340e4f11c69

医師であっても家族の死となれば話は別なのか

昨日は前の職場の同期とご飯。

f:id:asami300765:20170413133610j:image

 

 

同期から聞いた話で
なんだかなーと思ったのでブログに残しておきます( ´・ω・` )

 

。゜⋆。゜⋆。゜⋆。゜⋆。゜⋆。゜⋆。゜⋆。゜⋆。゜⋆。゜⋆

 

患者さんは50代の女性。
私も以前受け持ったことがある方で超美人。
え?大学生と社会人の息子がいるの?

言われなければ30代でもいけそうな雰囲気の女性でした。
美魔女という言葉がピッタリな感じ。

そんな彼女は私が働いていた頃からがんを患っていて
治療のかいなく先日亡くなったそうなんですね。

 

で、問題はその人の旦那。


開業している歯科医師
息子も歯科医師を目指している、いわゆるスーパーエリート一家

歯科医師も医師と同じような勉強・実習を受けているので
それ相応の知識・技術は持ち合わせているはすなんです。

 

なんですが・・・

 

 

 

患者さんの意識がどんどん悪くなり
いよいよの決断を担当医が迫ります。
DNRと呼ばれるものです。
以下は、ウィキペディアからの引用です。

蘇生措置拒否と訳される。死を覚悟した患者ないし家族によって、容態が急変し心停止に至っても心肺蘇生法を行わないで、静かに看取って欲しいという意思表示がなされることがある。

 

最近では大学病院であっても
もう治療しても改善の見込みがない患者・家族に対しては
このDNRの同意を得る、というのがスタンダードになりつつあります。

 

ここで

治療を放棄しているのではないか?
患者を見捨てているのではないか?
との意見もあるかもしれませんがそれはちょっと違います。

 

がんやエイズなどの末期患者さんに対して
心臓マッサージや人工呼吸器の装着、点滴、輸血、酸素、昇圧剤(血圧を上げる薬)
などの蘇生に関する処置を行っても

正直なところ無益なんです。

 

よくなる見込みがほとんどない。
どうやっても死は避けられない。

それに、ここからが一番重要だと思うのですが
これらの処置は患者さんにとって苦痛を伴うこと、なんですよね。

心臓マッサージならば、圧迫の圧力で胸骨や肋骨がバッキバキに折れますし
人工呼吸器の装着は喉へ太い管を麻酔なしでぶち込みますし
点滴や輸血は針を刺さなくてはいけない。

助かる見込みがほとんどないのに
このような苦痛な処置をすることが患者さんのためになっているのか。
患者さんにとってのよりよい最期の迎え方ってなんなんだろう?

こういう背景からDNRという考え方が生まれ日本でも定着しつつあるわけです。

 

 

話を歯科医師の旦那に戻します。

担当医がDNRの話を振った時に
この旦那さんはDNRを拒否したんです。

「自分がベッドサイドに来るまで何とか生かしておいてほしい。
心臓マッサージを続けてて欲しい」と。

 

 

え?
もう担当医も同期も周りにいる看護師も
文字通り目が点になったそうです。

 

 

いやいや、あなた歯科医師だよね?
がんの病態や終末期について知ってるよね??
この状態で心臓マッサージ、挿管しても意味ないのわかるよね???
妻がこんなに苦しんでるのに更に助長させるつもり????

 

 

もうなに言っちゃってるの( ・᷄・᷅ )?

というのがみんなの心中だったそう。
私も同意見。

 

 

ちなみに、死亡時間というのは
患者さんの心臓と呼吸が止まった時間ではなくて
医師が死亡を確認した時間、になります。

したがって、家族や親戚が揃ってから確認して欲しければ
数時間くらいは待つことも可能なんです。

 

目が点になった担当医や同僚は
いやいや、有り得ないでしょというわけで
旦那さんに何度も説明し理解を求めた上で
結果、DNRの同意を得ることができたそうです。

患者さんも痛み止めや鎮静剤を使って
まあまあ穏やかな最期を迎えられたそう。

よかった。

 

 

この話を聞いて
例え、医療関係者であっても家族の死は初めてのこと。
対患者さんではなく自分の妻という役割になることで
医師といういつもの自分が見えなくなってしまうんだなーと考えちゃいました。

いつも身近に死はあるけど、それって第三者の死であって
あなたの死でも私の死でもないから所詮他人事なんだな、とも思います。

冷たい言い方かもしれないけれど
この他人事感覚がないと医療の最前線にはいられないっていうのもあるんだけどね。

こっちのメンタルがやられちゃうから。

 

でもても、どうせならそういうことが身近に起こった時に
他人事感覚と身内感覚をバランスよく持ち合わせられたらいいのに、

なんて思っちゃいました。

 

 

 

久々の真面目記事(・∀・)ぬはは

 

ではでは。