ナースあさみの毎日

ナースあさみの頭の中を書いています。心の中はこちらhttps://note.mu/asami300765/m/m0340e4f11c69

大切な人を失ったあなたへ。現役看護師が伝える悲しみを癒す5つの方法

小林麻央さん
逝ってしまいましたね。

小林麻央さん死去 34歳 | 2017/6/23(金) 11:18 - Yahoo!ニュース

 

こういう時、ナースあさみとして何かできないのかな?って考えてみました。

臨床で多くの悲しみや死に直面する看護師たちが
自分たちを保つためにやっていることをシェアしたら
少しは報われる方がいるのでは?と思いここに残しておきます。

 

 

1.ちゃんと悲しむ

 

矛盾しているようですがまずはこれ。
長期的に考えたら最初にすべきは悲しむこと、なんです。

泣いたらみっともない、とか
恥ずかしい、とか
家族の威厳が、とかもうそんなのどうでもいい。


辛いとは思うんですが
人を失ってしまったという悲しみを味わい尽くして下さい。

泣いて、叫んで、泣いて、泣いて
嗚咽で息ができなくなるほど泣いて下さい。
泣きつかれて寝てしまってもいいんです。

と言うのも
失った直後にしっかり悲しめるかどうかでその後の引きずる重さが変わってきます。

身近な人ほど手続きやお通夜・告別式に追われてしまい
心がおいてけぼりになって直後にしっかり悲しめず
半年、1年と経ってから後悔する人もいます。

私、なんであの時泣けなかったんだろう・・・
悲しかったはずなのに、なんで(´;ω;`)??
って。

 

補足ですが、私たち医療関係者だって患者さんの死に慣れているとはいえ
悲しくてこっそり泣いちゃうこともあります。
現場で多いのは職員用トイレ、リネン庫、ロッカーあたりですかね。

目や鼻が赤くなっている看護師がいたら
こっそり泣いてきたのをマスクで隠しているのね、うんうん
と、思ってやって下さい。


なのでまずは
失った悲しみを受け止めましょう。

 

 

 

2.取引しない

 

人が死を受け入れようとする時のプロセスの中には取引という段階があります。
※詳細はキュブラー・ロスで検索してみてね。

 

ドラマチックに言うと
俺が死ねばこいつは助かるんじゃないか、とか
全財産をお賽銭としてぶっ込めばもう少し生きれるんじゃないか、とか
そういう感じ。

 

過去の後悔を何とか解消したい・・・!
という、一種の防衛本能なんだと思います。

残された側のエゴというのかな。

 

でもでも、この取引で自分を守る方法はあまりオススメしません。

患者さん、特にがんで闘病していた患者さんって
病気になってから亡くなるまで
たくさん意思決定する機会があったはずなんですね。

手術じゃなくて抗がん剤にしよう
治療を頑張ることから出来るだけ生活を安定させる方にシフトしよう

みたいに。

そうすると

あの時○○してたら今頃こうだったんじゃないか
という考え方は

無意識で過去を否定することになってしまいます。

自分が患者さんを否定することも辛いですし
自分で自分を否定することはもっと辛いですから。

 

なので、全然割り切れなくてもいいから

あの時ああしていてきっと良かったんだ、と
あの人の生き様としてこれがベターだったんだ、と
肯定的に言い換えるようにしてみて下さい。

ちょっとだけ楽になりますよ、本当に(*´∀`*)

 

 

3.しっかりしない

 

誰かを失ったあとって
しっかりしてね!って言っちゃうし
なぜだかしっかりしなくちゃ!と思う人が多い傾向にあるんですが

全然しっかりしなくていいと思います。
むしろ、しっかりするくらいならちゃんと悲しめやって思いますww

ご飯を食べたくなかったら食べなくていいし
お風呂に入る暇がなければ入らなくても大丈夫。

誰かを失っても身なりが整ってキレイな人って
芸能人くらいじゃないでしょうか・・・?

でもあれもほとんど外注ですからね。
メイクさんやスタイリストさんがやっていると思われます。


ああいう場面で自分を整っておくことって
相当の精神力がないと無理です(ヾノ・∀・`)りーむー

 

困ってたり弱ってたりしたら
必ず周りが助けてくれます。

 

そのための医療関係者であり葬儀関連の人であり
身内であり友人ですからね。

しっかりしなくて大丈夫です。
あなたが亡くなった人を支えたように
誰かがあなたを支えてくれます。

 

 

4.亡くなった人についてたくさん話そう

 

お通夜やお葬式、告別式など亡くなった後に執り行われるイベントに関して
その由来はたくさんあると思いますが

 

亡くなった人について話す場・空間を持つ

これが一番の理由なんじゃないかと思っています。

 

その人が生きてきた歴史と物語をみんなで共有する。
いいことも悪いことも
笑えることも笑えないことも
お酒がすすむことも酔いが覚めるようなことも
たくさん出てくるかと思います。

 

そういうことを誰かと話す・共有することで自分の気持ちや後悔を成仏させようとする
このプロセスが大事なんだと思うんです。

 

実際に気持ちを昇華させたり、後悔が成仏するかどうかはわかりませんが
亡くなった人のために時間と手間とお金をかけて
お見送りするということは、そういうことなんだと思っています。

 

 

5.失ったことを乗り越えなくていい

 

死を受け入れましょう、と言葉にするのは簡単ですが
実際にはこれほど難しいことはありません。

特に、テロや災害など理不尽な理由で命を奪われたら尚更。

 

一応、ケアの理論上は受け入れることが目標となっていますが
ここに到達する人、到達しようとする人なんてほぼいません。

私も亡くなった患者さんで忘れられないこと、後悔していることがたくさんあります。
8年前のことであってもつい昨日のように場面が出てくるんです。
いまだにもっとああしたら良かったんじゃないか、こうしたら楽になれたんじゃないか、という相談を先輩にしてるくらい。

 

突然ですが、私、亡くなった人って空高く浮かんでいる風船のようだと思っています。


細くてでも強い糸で自分とその人は繋がっていて
たまに手繰り寄せて風船の中身を覗き込む。

話をしたり泣いたりして
もう風船を膨らますことは出来ないんだなって実感して
また空高くところへ凧揚げするような感覚で戻してあげる。

だから、死は乗り越えるよりも引き連れるくらいがちょうどいいと思っています。

風船が多すぎて地に足がつかないのは問題かもしれないけれど
地に足をつけてしっかり今を歩んだほうが風船たちも喜ぶんじゃないか、って
勝手に思っています(・∀・)てへ

 

 

 

以上、こんなかんじかな。

少しでも誰かの役に立ったらいいなー



 

 

最後に。

生前どんな人であったとしても
患者さん一人ひとりにそれまで生きてきた歴史と物語があります。
残された人たちがどんなかたちであれ
それらを紡いで歩んでいけますように。

 

今日はひたすた真面目モード(・ω・`)
ではまた。