ナースあさみの保健室

ナースあさみの頭の中を書いています。心の中はこちらhttps://note.mu/asami300765/m/m0340e4f11c69

大人になってからでも親友はつくれる

今年30歳を迎えるにあたり、去年あたりからガラリと周りにいる友人たちが変わってきた。

 

f:id:asami300765:20170701140638j:image

 

学生の頃から仲良しの人ももちろんいるけれど

会ったり遊んだりご飯するのは

大人になってから知り合った人ばかりだ。

 

 

学生の頃からの友人たちとは半年に1回会えばいいほう。

一緒にいて楽しい!というよりかは

互いの人生の駒の進め具合を確認し合う感じ。

凄く進んでる子もいれば

全然変わっていない子もいる。

嫌いになったとかそういうんじゃないけど

ただそれだけ。

 

 

 

一方、大人になってから知り合った友人たちとは月1くらいで会っていて、下手したら毎週会ってる人もいる。

 

 

お互い、学生の頃みたいに時間が無限にある訳じゃない。

だから会うためのやり取りから寄り添う必要がある。

それは言い換えれば時間やお金の感覚、連絡のやり取りのスピード感なんだろうけど、そういうのがフィットしてる人と会うまでのプロセスはとてもスムーズだ。

 

 

この前なんて5分の間に京都で合流して関西の友達のおうちに行くことが決まり、翌日には滝下りをすることが決まった。

 

 

みんな住んでる場所もやってる仕事も違うのに、会いたい!楽しみたい!面白そう!の三拍子が揃っていたから電光石火の如く予定が決まったのだと思う。

 

 

この人たちとはまだ知り合って1年少しだけど、私は勝手に親友だと思ってる。

毎日会える訳じゃないけど、私が困った時は絶対どこにいても飛んできてくれるだろうし、逆の場合は世界のどこにいても飛んでいく自信がある。

 

 

予定を合わせるというのは自分の人生と相手の人生を擦り合わせること。

だからこそ、消耗する人間関係に元気を吸い取られるんじゃなく

会いたい人に会いにいける元気な自分でありたい。

 

 

さーて、会いたい人に会ってきます。

 

 

ではまた。