ナースあさみの保健室

ナースあさみの頭の中を書いています。心の中はこちらhttps://note.mu/asami300765/m/m0340e4f11c69

言うのは簡単。意見っていうのは行動とバーターなんだよ、この野郎(・ω・`)

ただいまある企画のお手伝いをしているのですが
いろんな人がいて閉口することもしばしばです(・ω・`)

 

 

 

机上の空論、はよくいったもので
口だけの案件や企画ってうまくいきませんよね。

そういう人はだんだんと人が離れていきますし。

 

いくら美味しくできる肉じゃがの作り方を知っていても
毎日肉じゃがを作っているおばちゃんには敵わない。

 

季節によって変わるじゃがいもの水分・硬さ
玉ねぎの品種
にんじんの甘さ
お肉の部位と質

これらを加味した調理と味付けをして
美味しい肉じゃがになるわけです。


だから毎回同じ分量・調理時間ではないんですよ?
美味しいというバランスを保つために毎回都度味や火加減を調整しているはずです。

美味しい肉じゃがの作り方を知っているだけでは
このバランスを保つ、ところまでは辿り着けないんですよ、残念ながら。


それと一緒。

 

どんなによく知っていても
実際に行動していなければ
意見、としてみんなに提示した時の熱量が全然違う。

やっぱり熱量の大きいものに人は惹きつけられますからね(*´∀`*)

 

行動にはエネルギーが必要
はい、これは常識ですね。


ここでいうエネルギーというのはガソリンではなくて

自分の時間
自分の時間を使う覚悟
自分の体力
お金
情報
歩く・電車に乗るなどの移動
出来たら行動の生産性を上げるための思考

などです。

 

これらを踏まえた結果が行動として表れるわけなので
意見としてアウトプットした時の熱量が高いのは当然なんです。

 

何かを提案する時
意見を伝える時

自分の行動が背景にあるかどうかでその意見の熱量が変わってくる
というのを私も心に留めておかなくては、と思いました。

 

ではまた。